占いツクール
検索窓
今日:223 hit、昨日:145 hit、合計:70,278 hit

第114話 ページ25

No side


マリーナベイ・サンズの一階ロビーには、外で銃撃をしていた海賊達が集結していた。
ユージーンから無線の連絡が入る

ユ『標的はスイートにいる。逃がさないように下から行け』
海「了解」
ユ『表の様子は?』
海「ちょっと派手にやり過ぎた。ホテルの周りは火の海だぜ」
ユ『警察のヤツらをまくにはかえって好都合さ』


ーーーーーーーーーー

ーAsideー


部屋の窓からシンガポールが火の海になっていく様子を茫然と見ながら、警察の人の到着を待っていると、突然、ドアの方から物凄い音がした

園「えっ!?」
A「え、ちょっ何かあったの!?」

驚いてドアを見るとバァァァァァン!と音を立て、ドアが倒れた。

A「え、京極さん!?器物破損…って違う!え、えぇ!?」
園「ちょ、ちょっと、真さん!?」
京「失礼します」

京極さんは園子ちゃんに歩み寄ると、問答無用で園子ちゃんを抱き上げた

京「エレベーターが全て止まってしまいました」
園「え!?」
A「いつの間に…」
京「ここを出ましょう」

園子ちゃんを抱き上げた京極さんはそのまま走って部屋を出た。
私も二人のを走って追った。
エレベーターホールの前を通り過ぎようとしたとき到着したエレベーターから海賊達が出てきた。

海「いたぞ!追え!!」

追いかけてくる海賊の一人が、いきなり発砲した。

やばい!このままだと二人に当たっちゃう!

A「痛った!」

二人に…せめて園子ちゃんには当たらないように銃弾の軌道上に自分の肩を入れた。
大声で叫びたくなるほど痛かったが、そんなことをすれば園子ちゃんの不安を大きくするだけだと思い、全力で抑えた

園「きゃあああ!」

園子ちゃんを抱き抱えた京極さんは素早く廊下の窪みに隠れた。
私も続いて隠れ、チラッと顔を出す。
すると、すぐに発砲してきた。

A「っつ!」

今度は頬を掠った。
肩の痛みに比べれば全然痛くないが、紙で指を切ったときみたいに痛い。

海「撃つな!女に当たる!」

海賊達は銃を仕舞いナイフを取り出した。

園「ま、真さん…これ、どういうこと…ってA!撃たれたの!?」
A「えっ!?あ、うん。でも全然痛くないから大丈夫だよ!それより今は、海賊達をなんとかしないと!」

第115話→←第113話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (67 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
343人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 黒羽快斗 , 怪盗キッド
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

美紀 - コナン大好きです最高ですコナンと新一大好きですこの映画大好きですこの映画の主題歌を大好きな三代目の臣君が歌ってたので3回も見ました (7月8日 14時) (レス) id: a31ea93868 (このIDを非表示/違反報告)
如月葵(プロフ) - アニメLOVEさん» リクエストありがとうございます!早速お話を考えてるAnotherストーリーの方に載せます! (6月24日 18時) (レス) id: f641bd2ac0 (このIDを非表示/違反報告)
アニメLOVE - リクエストで釈放されたリシくんと再開させてください!続編楽しみにしています! (6月23日 23時) (レス) id: 539a424d8d (このIDを非表示/違反報告)
くろば - めちゃくちゃ面白かったです!!続編も期待してます!!\(^o^)/ (6月23日 22時) (レス) id: e8f20f4464 (このIDを非表示/違反報告)
如月葵(プロフ) - ゆうみんさん» ラブラブですよね〜羨ましい← 新一は幼児化のせいでなかなか蘭と新一として一緒にいられないですからね〜快斗・夢主カップルに少〜し嫉妬してるかもしれませんね(笑) (6月23日 22時) (レス) id: f641bd2ac0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:如月葵 | 作成日時:2019年6月17日 5時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。