占いツクール
検索窓
今日:54 hit、昨日:489 hit、合計:61,305 hit

お茶6杯目 ページ6



「俺の家族を、侮辱するなぁあ!!!」

そう言って竈門くんが鬼の頸を切った…が、それは無駄だった。鬼の体が列車と連結していたからだった。列車の中にある本体を探して殺さないと200人の人が死ぬ。
慌てる竈門くんに声をかけて煉獄と会ってくるように話す。

『…さて、好き勝手やってくれたみたいだね』

一般人に近づく鬼の気持ち悪い手を切り落としたり、粉々にして前へと歩く。恐らく煉獄は3人に鬼の頸を頼んで自分は残りの五両を守るのだろう。ならば、僕は彼らのサポートに回るべきだろう。

『夢の呼吸、壱の型・夢縁』

叩き切った腕はすぐ再生するらしい。粉々に切れば数分は回復できない、効率重視なら一気に粉々にしよう。
四両分の腕を切り終え、前を目指す。
前には竈門くんと嘴平くんの姿。
二人は大きな目玉が沢山ついてる気持ち悪いやつに手こずっているらしい、急いでそれを細かく切り刻むと、駅員が案の定邪魔してきた。

竈門くんに針が刺さる前に駅員を眠らせるつもりだったが、それは出来なかった。嘴平くんに襲いかかろうと最後の力を振り絞った目玉の鬼を切り、灰にする。急いで駅員を眠らせるが、針は竈門くんの腹をかすった。

「ぐ…!」

『竈門くん、ごめん庇えなかった!』

「だ、大丈夫です!死ぬほどの怪我ではないので!!」

そう言うと竈門くんは本当の鬼の本体の頸へと刃を向けた。

「ヒノカミ神楽・碧羅の天!!」


『…ヒノカミ、神楽……』

どこかで聞いたことがある気がしてならない。しかしその考えはある悲鳴によってかき消される。鬼の声だった。
のたうち回るように揺れる列車、乗員が危ない。そう思い型を出して少しでも被害を抑える。きっと、煉獄もそうしてくれているはず…。


『____はぁ、終わった…』

竈門くん達と別れてしまったし、列車で怪我をした人達の手助けをする。
その時、何かの落下音が耳に入る。敵か?と思いその方向へ走っていくと…

『…煉獄…!』

「鬼になれ、人間は老いて死ぬから駄目だ…。鬼になればお前の強さも至高の領域まで到達できるんだ。」

「俺は、鬼にはならない」

煉獄は刀を構える。
後ろには竈門くんと嘴平くん。倒れてる竈門くんを庇って戦っている煉獄。
刀を構えて走り出す。


『夢の呼吸・参の型・無夢三(なむさん)

ズバッ

「!…お前、そうか、お前も鬼になれ!」


『…お前、大量に食っているな…』

「だからなんだ」




『“俺”はお前を許さない。
…同情の余地もない』

お茶7杯目→←お茶5杯目



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (306 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
667人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 原作ぶち壊し
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

夜桜(プロフ) - カリエンテさん» ほんとだ、なおします!!w (9月20日 11時) (レス) id: e44c1f3d42 (このIDを非表示/違反報告)
カリエンテ(プロフ) - お茶7杯目のページで 鬼殺隊→帰札隊 になってます! (9月19日 22時) (レス) id: ae23db6648 (このIDを非表示/違反報告)
夜桜(プロフ) - 慎也さん» 有難うございます!!!ゆっくりですが頑張ります!! (9月16日 16時) (レス) id: e44c1f3d42 (このIDを非表示/違反報告)
慎也(プロフ) - 俺結構この小説大好きです!続き楽しみにしてます。 (9月16日 16時) (レス) id: 945a2937a6 (このIDを非表示/違反報告)
夜桜(プロフ) - 松野かほさん» 仲良く!!?したいです!!!宜しいなら、勿論!!(食い気味)面倒じゃなければボードに来ていただけると有難いです。無理でしたら私が行きます!! (9月3日 16時) (レス) id: e44c1f3d42 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:夜桜 x他1人 | 作成日時:2019年8月29日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。