占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:94 hit、合計:81,894 hit

告白 ページ7

_玲於side





ぶつぶつ言っているAの手を引きながらずんずんと進む。




空きの会議室に入ってAの目を見た。






「なあ、なにがあった?明らかにおかしい」


『ん〜(笑)何があったかって言ったらごく普通なこと。



カップルがキスしてた。

それだけ』






Aは辛そうに笑った。


俺はそんなAが見たいわけじゃなかった。







「龍友くん、キスしてたの?」



『っ...。うん』



何かを我慢するように唇を噛んだ。






『でも、普通のことでしょ??あの二人はカップルなんだから!


数原さんは彼女じゃないなんて言ってたけど、やっぱりほんとは...』









目に涙を溜めながら


笑って話している彼女を俺は抱きしめた。









俺の肩に彼女は顔を埋めて



『きっと、からかわれてただけなんだよ...』


と虚しく言った。









.









「なあ、俺さ龍友くんなら大丈夫って思ってたんだ。」



Aの肩をしっかり抱いて目を見てはなす。





彼女の頭にはきっとハテナがいっぱいで


今にも俺に疑問をなげかけてきそうだ。









「でもさ、もう我慢できない。



龍友くんが幸せにできないなら、俺が幸せにする。




俺と付き合って」









.







言ってしまった。



弱ってる時に言うなんてつくづく最低だって自分でもわかってる。









でも、龍友くんが動くのを待ってたら

Aはもっと傷つく。




傷ついて欲しくないんだよ...。









『玲於くん...』



Aは涙を零しながら名前を呼んだ。




彼女の頬に手を添えて、親指で涙をふき取った。








「こんな風に、もうAを泣かせたくない。


俺が、幸せにする。」









Aは目を逸らしてこういった。





『私はね、数原さんが好きなんだ。

きっとこれからも。





玲於くんの気持ちはすっごく嬉しい。


でも、これ以上利用できない...』







これ以上って言葉に引っかかったけど、


俺は自分の気持ちに精一杯だった。







「俺、Aのこと好きだから。すっげー好きなの。


利用されてもいい。考えておいて」









卑怯かもしんナけど、

振り向いてもらうためには利用されてもいい。








そばにいたい。








「戻ろっか」




涙を溜めたAの手を再び引いて部屋へ戻った。









.









なあ、俺の方見てよ、A。

雰囲気→←揺れる



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 6.0/10 (325 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
459人がお気に入り
設定キーワード:数原龍友 , 佐野玲於,佐藤大樹 , GENERATIONS   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Kas(プロフ) - ちーーさん» ありがとうございます!!これからもよろしくお願いします! (1月19日 20時) (レス) id: 841873fbf3 (このIDを非表示/違反報告)
Kas(プロフ) - あきさん» ありがとうございます!! (1月19日 20時) (レス) id: 841873fbf3 (このIDを非表示/違反報告)
ちーー - 続きめちゃきになります!まってます! (1月14日 0時) (レス) id: c05d53fa4c (このIDを非表示/違反報告)
あき(プロフ) - つつ゛ききになります! (1月13日 21時) (レス) id: 14702f8eae (このIDを非表示/違反報告)
Kas(プロフ) - あきさん» 自分も昼間は慌ただしくしてることが多くて(笑) そう言って頂けて良かったです!! (1月7日 13時) (レス) id: 841873fbf3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Kas | 作成日時:2018年12月6日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。