占いツクール
検索窓
今日:176 hit、昨日:20 hit、合計:16,432 hit

決戦 ページ9

兄者 side


依頼が来た次の日、依頼人から手紙が届いた。

内容は「狐と接触することができたので、おびき出せそう」というものだった。具体的な日時、場所も書かれていた。


ありがたいと言えばそう言えなくもないんだけどねぇ...なんかトントン拍子すぎて拍子抜けっていうか...一周まわって怪しいというか...まぁ少しの違和感はある。

とはいえ愚弟が「え、この人すごーい!えー当日の武器どれにしよっかな〜♪」などと1人で突っ走り始めてしまったので、仕方なく手紙の内容に乗っからせてもらうことにした。





そして現在。


弟「おついちさんなんでこっちなの?」

お「君、兄者くんの話聞いてなかったの?」


俺たち3人は指定された場所へ向かっていた。

目的地は港沿いの廃工場。
ドラマとかでよく見かけるようなのイメージするといいよ。


今回は俺もおっつんも弟者と一緒に突撃部隊。相手は1人だし、今回はハッキングとかの心配もないし、狙撃できるような遮蔽物ないし。


お「僕はほら、今回防犯カメラとか電子機器系ないし、兄者くんも狙撃は無理そうだからってさ」

弟「なるほどねぇ」

お「ってちゃんと作戦立てた時に言ってたよね」

弟「あれ、そうだっけ」

兄「お前はバカなの?ちゃんと聞いとけよ」


思わず頭を抱えたくなる。戦闘狂のうちの愚弟は比較的頭も使えるはずなのに、何故時たまポンコツなのか。


兄「今回はそんな複雑じゃない。やってきた相手を3人で確実に仕留めるだけだ。弟者、お前は前衛。好きなだけ殺れ。俺とおっつんは後衛で弟者の動き見ながら支援する」

弟・お「「了解!」」

お「でもあんまり予測不可能な動きされても誤射しちゃうからね、弟者くん」

弟「ちょっと、俺のことなんだと思ってるのさ!」

お「バーサーカー的な?」

弟「おぉう、カッコイイから許すわ」


口調はいつも通りへらへらしている2人だが、瞳は確実に獲物を狙う獣のそれだ。

建物の陰に身を潜め、壁に背中を預ける。中で足音が聞こえ始めたら1人が裏に回る。挟み撃ちにした方が相手の逃げ場が減り、こっちが有利になる。

裏に回るのは俺。おっつんに合図出してもらえば弟者が先陣切れる。俺もほぼ同タイミングで出られる。


トッ...トッ...トッ...



廃工場の中に人が入ってくる気配と足音がした。せいぜい100m×100mくらいの広さの工場だ。そんなに広くはない。


...そろそろか。

...3...2...1...Go!!




そして俺たちはほとんど同時に飛び出した。

戦い前の→←受けるしかない



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
55人がお気に入り
設定キーワード:2BRO. , ギャグ×シリアス , 恋...愛??   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Alice:A | 作成日時:2019年7月24日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。