占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:46 hit、合計:75,136 hit

じゅうに ページ12

--------------








西畑「も〜、怒らんといてぇや」


「しらん、」









大吾は何も分かってへんわ、

あたしが好きなんは大吾だけやし。









廉くんは、大吾が好きやから好きなだけやし。

あれ、廉くんが大吾好きなんか?









なんかもーわけわからんくなってきたわ









西畑「かっこいい俺どーやった?」


「最悪やった。」


西畑「まじ、」









大吾がシュン、と悲しそうな顔をした









「嘘、‥やし」


西畑「んふ、そんなん分かってたって♡」


「だまれ」


西畑「気持ち良さそ〜に感じてたもんな♡」


「だまれハゲ」


西畑「ハゲちゃうし、もう生えてるし」









やっぱりさっきの言葉訂正

廉くんの方がかっこいい









「かわいい大吾でいい、」


西畑「‥ほへ?」


「‥‥」


西畑「な、なに⁉もっかい言うて‼」


「絶対いや」


西畑「お願いやって」


「黙れハゲが」









結局この日は、

永遠と大吾に質問攻めされる1日でした。

作者から→←じゅういち



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (358 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
134人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:きらら | 作成日時:2015年7月12日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。