占いツクール
検索窓
今日:10 hit、昨日:13 hit、合計:21,076 hit

第3話 本当に最初から3 ページ3

諏訪部>大丈夫かな…

遊佐>……

ピーンポーン

諏訪部>…僕出るね?

トタトタ

諏訪部>はーい。

ガチャッ

坂崎>ハァハァ…あの!鈴村さんに呼ばれて!

諏訪部>あ!2階に!

坂崎>お邪魔します!

ドタドタッ!

鈴村>先生!

そこに広がっていたのは…焦っている鈴村さんと凄く心配したような表情をしている小野さんと…壁に寄りかかって体育座りをして顔を隠している神谷さん……

坂崎>何があったんですか!?

鈴村>すいません!仕事おわりに!

坂崎>それは大丈夫です!僕のマンションそこ
なので…それより、神谷さん大丈夫ですか?

神谷>…コクッ

小野>(こんなに弱った神谷さん始めてみた…)

坂崎>…天音ちゃん。ちょっと触るね?

天音>イヤッ! 触らないで!

坂崎>手当がしたいんだけど、ダメかな?女の子
だから怪我とかしたら、すぐ手当をしない
と。

天音>…怪我?…自分でやったのに?

坂崎>うん。怪我だよ。天音ちゃんは少し頑張り
すぎちゃったんだよ。だからね?怪我を
しちゃったんだよ。だから何も気にしなく
てもいいの。これからゆっくり頑張ってこ
の怪我を治していけばいい。じゃぁ、手当
てするからね?

天音>………

それから、手際良く血を拭いて、ガーゼを付けて、包帯を巻いて…

鈴村>(やっぱり医者と俺らじゃ違うよな……)

坂崎>じゃぁ、ちょっと待っててね?

天音>コクッ

坂崎>神谷さん。立ってください。

神谷>…

坂崎>神谷さんがそうやって下を向いてたら天
音ちゃんが困っちゃいますよ?

神谷>…スクッ

坂崎>天音ちゃんは、頑張りすぎちゃって、怪
我をしただけです。自分を責めないでくだ
さい。誰のせいでもないですから。

神谷>…でも、僕がもっとちゃんとしてれば!!!

坂崎>いいえ、誰も悪くないですから。何も気に
しなくてもいいんです。

神谷>……わかり……ました…

坂崎>…コソッ鈴村さん、今日みたいな事があった
らまた呼んでください。あと、天音ちゃん
のこと甘やかしてあげてください。小さい
頃から虐待を受けていた子は、甘え方を
知らないだけで、本当は凄く甘えたいん
です。

鈴村>分かりました。

坂崎>天音ちゃんニコッまた頑張りすぎたら、僕の
家においで?ここから歩いてこれるから。
すぐ近くのマンションだからね?

天音>……コクッ

坂崎>じゃぁ、僕はこれで。お邪魔しました。

第4話 それから→←第2話 本当に最初から2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (29 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
130人がお気に入り
設定キーワード:声優 , 神谷浩史 , 小野大輔
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

時雨 - 私も待ってますよ! (8月1日 13時) (レス) id: 86a1a639a5 (このIDを非表示/違反報告)
ゆかり(プロフ) - 更新待ってます (6月12日 21時) (レス) id: 65724ef457 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:星城 ゆずか | 作成日時:2017年9月23日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。