占いツクール
検索窓
今日:10 hit、昨日:213 hit、合計:248,909 hit

時の流れ 参 ページ4

桜餅を食べ終わった女性。

嘘だろ、100個ぐらい余裕であったのに。



「ふぅー、お腹いっぱい」

「良かったですね……」

「うん。ありがとう!」

「では私はこれで」



といい歩く。





「まって!」




呼び止められて振り向く。



「今暗いし鬼がでるから私も行く!」


とついてきた。


「えっ……でもあなたは……」


私がそういうと、


「大丈夫!私鬼殺隊の甘露寺蜜璃!あなたは?」


「時季……囲炉裏です」


「よろしくね!囲炉裏ちゃん!」


「はい………」



と自己紹介を交わし、家に帰る道を歩む。






家が見えた。



「甘露寺さん、あの家が私の家です」

「へぇ〜!(ちっちゃくて可愛い)」


でもなんかいつもと違う、私の勘が、本能がいう。



[近づくな]と。




でも私は大丈夫と心に()った。







でもその判断は誤っていた。









家の前まで来たところ

「なんだか血臭いよね」

と甘露寺さんはいった。


「そうですね。確かに血臭いです」



誰か豚の血でもばらまいたんかな…。


と思い戸を開ける。


するとそこには、


「……………ッッ!?」




両親が布団の上で手を繋いで、血にまみれた姿だった。






声も出ないほどの驚き。









少女を眺めている奴がいた。

奴は狙いを定める。









忘れていた。






《日が暮れる前に帰ってこいよ!なんだって》





「鬼がでるから」




父の言葉。




「囲炉裏ちゃん危ないっ!」


甘露寺さんの声が聞こえた。

鬼が来たんだなと判断する。

なら、私も死ぬんだな。



と思い目をつむる。

待っててね、母さん、父さん。

私もそっち逝くか___







次に来たもの。


それは鬼からの攻撃ではなく、刀と何かが交わる音と

目に映ったのは、




「よかった!」




甘露寺さんが鬼の爪を、刀で受け止めている姿だった。




「か……んろじ…さん?」



「囲炉裏ちゃん大丈夫?」




「お陰様で……」




「囲炉裏ちゃん、危ないから下がって……ね!」




と言い甘露寺さんは鬼との交戦を始めた。






危ないから下がっていてと言われた私は、温もりの消えていった母の着物の胸元を漁った。









「_______あった」







時季一族に伝わる、薫衣草柄の香り袋。

この香り袋は別名守袋(もりろ)

時季家の長女が身に付ける決まりである。


私の好きな薫衣草(ラベンダー)の匂い。

この守り袋を握って甘露寺さんを見た。

時の流れ 肆→←時の流れ 弐



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (102 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
252人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 時透無一郎 , 甘露寺密璃
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

戸瀬 湊(プロフ) - さろぺさん» URLってどうすれば貼れるんでしょうか… (11月30日 19時) (レス) id: c291d7c22c (このIDを非表示/違反報告)
さろぺ(プロフ) - 私のボードにURLを貼っていただけますか? (11月30日 19時) (レス) id: 84dcb5da09 (このIDを非表示/違反報告)
戸瀬 湊(プロフ) - さろぺさん» 描いたものってどうすればいいですか? (11月30日 17時) (レス) id: c291d7c22c (このIDを非表示/違反報告)
さろぺ(プロフ) - 戸瀬 湊さん» 大歓迎です! (11月25日 22時) (レス) id: 84dcb5da09 (このIDを非表示/違反報告)
戸瀬 湊(プロフ) - お一人いて言いづらいですが…自分もイメ画描いていいですか…? (11月25日 17時) (レス) id: c291d7c22c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:さろぺ | 作者ホームページ:なっしんぐ  
作成日時:2019年5月26日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。