占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:108 hit、合計:13,110 hit

3 ページ5

「ん、ゃっ…ぁ」
「ね、シャンプー変えた?」


「きずいて、くれた…ひゃぁっ、」
「可愛すぎ、」



いやいやその顔反則じゃないですかAさんえ?ん?は?気づかないわけないでしょめちゃくちゃ好みだわ。うん。これ他の奴らに撒き散らしてんのか〜こんなえ ろい匂いを…もう半殺し状態じゃん?


「べく、?顔、赤いよ…?」
「え、?」


白い透き通るようなマシュマロみたいな手が俺の頬に触れる

「無理はダメだからね?」


たった3ヶ月しか違わないのにいつも見せないお姉さんな所もそーゆうことしてくるのも、全てが俺を振り回す
だけど好きなんだから仕方が無い


「だめ、」

「べく?っぁ、」



可愛い可愛いが溢れすぎた故にこうゆう状況になってんのにまたさらにそうゆうことしちゃダメだって分かんないのかな、



「俺と同じ匂いになったら、変な虫、くっつかないのに。」

「なに、?拗ねてる?」

「そ、そんなんじゃねぇし、!」




痕を付けると、嬉しそうに笑ったこと、忘れられない

特別ファイル bh→←2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (14 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
85人がお気に入り
設定キーワード:ベッキョン , ベクヒョン , EXO
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:な子 | 作成日時:2019年4月21日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。