占いツクール
検索窓
今日:84 hit、昨日:309 hit、合計:24,755 hit

24話 ページ27

《モトキside》


Aちゃんを送り出した後、すぐにシルクがやってきた。


「おい、モトキ。さっきそこでAちゃんに会ったぞ!?
…どういうことだぁ〜?」


ぺけもそうだったけど、どうしてうちのメンバーは恋愛沙汰になると途端に思春期の男子高校生のようになるのだろうか。


「少なくとも、シルクが思ってるような関係とかそういう感情はないよ。」


まぁちょっと、昨日のことはグレーゾーンな気もするけど、彼女には天月さんがいるし。

…諦める可能性も出てきたのだが。



そもそも俺がAちゃんに対してそういう感情を持っていない。……………………はず。



なんというか、この気持ちは恋愛のそれとは違う気がするんだ。


「ふ〜ん、そっか。
ま、でも確かにAちゃんは天月さんのこと好きそうだったしな〜

だったら尚更なんでお前の家にAちゃんがいたんだ?」


俺の返答を聞き、どこかつまらなそうにシルクが問いかける。

察しのいいシルクはやはりAちゃんの想いに気付いていたらしい。


俺はあらぬ誤解を生まないためにもシルクに昨日のことを話した。

もちろん、一部を除いて。



「なるほどな。本当にそりゃあ昔のモトキだな。俺もAちゃん見ててずっと誰かに似てるな〜って思ってたんだよ。」


「だよなー。だからなんか放っておけなくて。
俺みたいになる前に助けてあげたいんだよね。」


昔の俺も彼女と一緒だった。

『大丈夫』と言い続けて、誰にも頼らず重荷を積み上げすぎて、ついには音を立てて崩れ落ちた。


キャパシティをオーバーした俺が取った手段は、「他人との一切の連絡を断つ」こと。


所謂、失踪だった。



表向きには引っ越したからということになっているこの話は、シルクにしかしていないもの。


だから、彼女のことは壊れる前に救いたいんだ。







______________

※モトキさんの過去は完全に作者の捏造です。
万が一にでもご本人様に迷惑をかけるような行為はしないでください。

新作のお知らせ→←23話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (25 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
67人がお気に入り
設定キーワード:Fischer's , モトキ , フィッシャーズ   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Yuki(プロフ) - 一気読みてしまいました…笑素晴らしいお話でした!!!天月くん視点の話も見てみたいです! (9月25日 20時) (レス) id: 4a658d8cff (このIDを非表示/違反報告)
ここぐみ - 付き合ってからの二人が気になる! (9月6日 19時) (レス) id: 08670c7dca (このIDを非表示/違反報告)
せいら/うおたみん(プロフ) - 付き合ってからの2人、気になります!お時間があれば、ぜひ作ってください(´∀`)次回作も楽しみにしてます(*^^*) (9月3日 21時) (レス) id: 2c14e8117c (このIDを非表示/違反報告)
アルト - はじめまして、初コメント失礼致します。來様の語彙力や文章力、表現力とても尊敬します。今後の展開がとても気になります。更新楽しみにしておりますので、お体に気を付けて頑張ってください。 (8月28日 22時) (レス) id: 1aed7dfe1b (このIDを非表示/違反報告)
www - うーーーーーーたーのしみーーーーーー!!! (8月28日 16時) (レス) id: bb2f701b11 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:來(らい) | 作成日時:2019年8月13日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。