占いツクール
検索窓
今日:92 hit、昨日:2,330 hit、合計:488,021 hit

伍: 『堅香子の曇り』 ページ43

*堅香子……『嫉妬、初恋』

_____もののふの八十娘子らが汲み乱ふ寺井の上の堅香子の花





✿.*・✿.*・✿



唸るように喉奥から低い音を漏らす坂田様から自然と逸れた目線の先で呆然としたまま、扉から差し込んだ光を背に立つひとを見ていた。

最初に会った時と同じく、軍服のように見える軽装を纏って銃口をこちらに向ける、その人。姥百合のように美しい緑色の瞳の中に冷徹さを隠した皇帝____


「う、……うらた、様」


その名を無意識の内に呟くと、彼は坂田様越しに私を見てふわりと柔らかく微笑んで見せた。


「A、会いたかったぞ。すぐに国へ帰ろう、待っておけ」

「っ……なんで、あんたが、こんな所に……」


坂田様が肩を抑え、痛みに歪んだ笑みを浮かべたまま彼の方を振り返るとすぐにうらた様は元の冷ややかな表情に戻ってしまった。


「お前に出来ることが俺に出来ないとでも思ったか?Aを離せ、その女は俺の妻になる女だ」

「……違う。Aはうらさんのものじゃない」

「ほう?」


するとうらた様は意外そうな顔をしてから嘲るようにふんと鼻を鳴らす。


「暫く見ない内に女遊びを覚えたのか?感心だな」

「そんなんとちゃう……ただ、Aは」


戸惑うばかりの私を坂田様は引き寄せ、うらた様に対して笑ってみせた。


「Aは、あんたに渡したくないだけ」


刹那坂田様は私を抱えて壁に体当たりし、岩が砕けるような強烈な音と共に異女部屋を破壊してそのまま私を翠の国から攫った時のように城を駆け下り、複数の瓦屋根を伝って地上に降り立った。

あまりの早業で私は悲鳴すら上げられなかったが、彼が私を肩に抱えたまま城近辺の森へと潜り込み、太い木の幹から幹へと飛び移って走り逃げ始め、その際に私を抱えた方とは逆の肩が目に入って息が詰まった。


「さ、かたさま……ち、血が、血が……」


彼の着物の穴の空いた部分からどくどくと溢れ出てくる赤い液体。

こんな量の血液が人から出ているのを、私は初めて見た。


(私を、背負ってるから……?)


「だめ、だめです坂田様、下ろして……!坂田様が死んじゃう……!!」

「こんなんでは死なんから、泣かんとってよA。お前がとられるのが、俺はいちばん嫌やから……」


その時、ふと視界に、此方を追いながら再び銃口を向けるうらた様が目に入った

*→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (891 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2433人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , 浦島坂田船
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

みかげ - …ま、マジかよ!?って感じで読ませてもらいました!2章がとても楽しみです! (4月5日 11時) (レス) id: 6950eae76b (このIDを非表示/違反報告)
紅羽(プロフ) - 一章の終わりが予想外の展開すぎてワクワクが止まらないですッ!!二章も楽しみにしています! (4月4日 12時) (レス) id: de0e7143c3 (このIDを非表示/違反報告)
さら(プロフ) - どうしようもなく尊い..( ノД`)… (4月4日 1時) (レス) id: 09e45a24f5 (このIDを非表示/違反報告)
星崎ゆぅり(プロフ) - 初コメ失礼します!この作品を初めて見たのですがとても好きなお話です!占ツクで初めて見た作品が子さんので本当によかったです!これからもずっと応援しています! (4月3日 8時) (レス) id: b428de52b1 (このIDを非表示/違反報告)
子@友達申請受け付けてません(プロフ) - せらももさん» せらももさんありがとうございます.......!!勿体ないお言葉です。私もせらももさんの書かれるお話待ってますね。こちらにわざわざコメントありがとうございます。 (4月2日 23時) (レス) id: fa9aff1995 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/8ef4f72c271/  
作成日時:2019年3月4日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。