占いツクール
検索窓
今日:386 hit、昨日:2,259 hit、合計:476,625 hit

ページ24


**✼**




城に戻ると、直様宦官の一人が俺の元にやって来て青い顔のまま跪いた。

その時点で、嫌な予感がした。


「御報告致します……先程、異女のA様が何者かによって連れ去られたとの報告がありました」

「っ、……」


自分を制御出来ずに、皇帝らしからぬ怒りに塗れた表情を表に出してしまった。周りがそれで怯むのも見えた。しかし怒りを収めることは出来ず、その醜い形相のまま報告の続きを待った。


「異女部屋の前に倒れていた侍女から話を聞いたところによると、A様を拐ったのは我が城の着物を纏った赤髪の男であるとのことです……」

「……検討はついておる。恐らく朱の国の皇帝であろう」

「こ、皇帝自らがこの城に乗り込んだと……?」

「彼奴はそういう男だ。すぐに朱の国に追っ手を向かわせろ。俺も後から行く」

「な、なりません!!陛下自らが敵国へ赴くなど!!」

「では俺に此処で黙って待っていろと申すか!!」


そう怒鳴れば、臣下らは俺の剣幕に押し黙る。

……分かっている、これは半分八つ当たりだ。いい子で待っていてくれと大層なことを言っておきながら、敵国に易々とAを攫われてしまった自分が不甲斐なく、情けなく、ただただ腹立たしかった。情報が漏れていることを危惧し、もっと兵を固めるべきであったのだ。


「……亥の刻には出立する。準備をせよ」


吐き捨てるようにそう言ってその場を一旦去ると、自然と舌打ち紛いのものが零れていた。


(A……お前は絶対に、俺から逃がさんぞ)




**✼**




「へっ、ぷし!」


陽も落ち、薄暗い中でずっと風に当たっていると流石に寒気が肌を撫でる。

そのせいか盛大に出ていったくしゃみに、馬に時折鞭を打つ彼が夕溶けのような美しい赤髪を揺らしてこちらを振り返った。


「大丈夫?寒い?」

「……いえ」

「もうちょっとで俺の国やからな〜。いくら隣国って言うてもやっぱ国跨ぐってなると時間かかるわぁ」


たまに馬を休ませつつ移動はしているものの、もうかなりの間馬の不安定な背の上に座りっぱなしで気分が良いとは言えない。更にかなり空腹ときている。

っていうか私、一応誘拐されてるのに平然とし過ぎかなぁ。


(だってこの人、妙に明るくて調子が狂うっていうか……)


気さくでお喋りで、こちらが大したリアクションを返さなくても色々と話しを繋げて笑う、コミュ力の塊のような人だ。

まさに、赤色。太陽という言葉がぴったり似合う人だと思う。

*→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (891 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2434人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , 浦島坂田船
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

みかげ - …ま、マジかよ!?って感じで読ませてもらいました!2章がとても楽しみです! (4月5日 11時) (レス) id: 6950eae76b (このIDを非表示/違反報告)
紅羽(プロフ) - 一章の終わりが予想外の展開すぎてワクワクが止まらないですッ!!二章も楽しみにしています! (4月4日 12時) (レス) id: de0e7143c3 (このIDを非表示/違反報告)
さら(プロフ) - どうしようもなく尊い..( ノД`)… (4月4日 1時) (レス) id: 09e45a24f5 (このIDを非表示/違反報告)
星崎ゆぅり(プロフ) - 初コメ失礼します!この作品を初めて見たのですがとても好きなお話です!占ツクで初めて見た作品が子さんので本当によかったです!これからもずっと応援しています! (4月3日 8時) (レス) id: b428de52b1 (このIDを非表示/違反報告)
子@友達申請受け付けてません(プロフ) - せらももさん» せらももさんありがとうございます.......!!勿体ないお言葉です。私もせらももさんの書かれるお話待ってますね。こちらにわざわざコメントありがとうございます。 (4月2日 23時) (レス) id: fa9aff1995 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/8ef4f72c271/  
作成日時:2019年3月4日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。