占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:3,437 hit

189話 心を痛める少女 ページ9

【紗羅 視点】



203号室で身支度をしている時、ふと気づいた。

勇助の髪がしだいに緑っぽくなっている。目の色も、半分は臙脂色。

神の力がいつ覚醒するか分からないような状態ね…… アルメリアに行く前に、母親に会わせて診

てもらった方がいいかしら。

それとも、このままアルメリアに行ってもいいの?

……もう少しだけでいいから、もってくれないかしらね。

それに、心配なのはそれだけじゃないわ。

澪や一矢だって完璧に戦える訳じゃないんだし、本当はあんな危険な所に連れて行きたくない。

サイネリア王国との戦争にだって、ユラ達を巻き込みたくなかった。

そのうえAを守れず、クラーレさんには酷いことをしてしまった。

ゆり姉は神経を擦り減らしてでも、皆の先頭に立っている。

それに私、帰り道にもう一度寄った喫茶店で、悪い噂を聴いてしまったし………



「紗羅、大丈夫? 顔色がよくないけど……?」

「大丈夫よ。さっきちょっと疲れただけ」

「そうなんだ、無理はしちゃダメだよ。紗羅のお母さん達の仇、しっかりとらないとね」

「えぇ、そうね」



気づかなくていい。今は気づかれない方がいい。

無駄な心配なんかしてないで、今はとにかくAを奪還しなきゃ。

街の人々の仇を、絶対にとってみせる。

それ以外のことを考えたら、胸が張り裂けそうだった。



「みんな準備はできた? そろそろ向こうに行くわよ」



私は元気な素振りをしながら、向こうの世界へと続くゲートを開いた。

誰かの元気がなくなると、皆の士気が下がってしまう。

私の悩み事で皆を変に心配させて、犠牲者を増やすことはできない。

私が一人でなんとかすればいいの。そうするしかないの。

勇助の力はお札で抑えられるし、ユラ達は私が守ってあげればいい。

ゆり姉やクラーレさんには話をきいてあげよう。

もしもあの悪い噂が本当だったなら、その分私は頑張る。


でも、


世羅の本性が、彼自身じゃ抑えきれない程に暴走したら。

Aが、サイネリア側に寝返ってしまったら。

"奴"がまた、誰かの身体を乗っ取っていたら。





____殺すしか、ないの?

190話 荒れ果てた海の国→←188話 目潰しされて


ラッキーカラー

あずきいろ

4. までのキャラが扱える楽器をご紹介!《共通点も考え中》

シネラ:???…… まさかのオリジナル楽器です。ネタバレになりかねないので???状態。


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.5/10 (19 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
設定キーワード:シリアス , 魔法 , 恋愛   
作品ジャンル:ファンタジー, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:さやや | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/8211/  
作成日時:2017年8月12日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。