占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:95 hit、合計:72,887 hit

106話 ページ21

『へ、ちょ、センラ……?』

「…………」



私の上にのるセンラは黙ったまま、掴んでいる私の手に指を絡ませてきた。
センラの目は、熱を帯びたようになんだかぼんやりとしている。




『な、何してるのセンラ』




私が呼びかけても、センラは口を開かずこちらを見つめてくるだけ。


気まずい雰囲気に耐えられなくなった私は、センラから目を反らした。
するとセンラは、私と手を繋いでいない方の手で、私の頬を包んだ。優しく、けれどしっかり自分の方を向かせるように頬を触る。

少しくすぐったくて、頬を触っているセンラの手の上に、自分の手を重ねた。



『っ、セン、ラ?くすぐったいよ……』




私がそう言うと、センラはガクッとうなだれ、ふるふる震えだした。



そして、






「っだー!!ダメやこんなん!!!」



と天井を見上げて叫ぶ。


そして、私から手を離し、上から退くと、ソファに寝転がっている私を起こしてくれた。


「ご、ごめん急に、変なことして」

『や、別に大丈夫だけど……』


ちょっと状況が理解できない私は、頭の上にクエスチョンマークを浮かべながら首を傾げた。

センラ、本当に大丈夫か?(汗)
さっきより顔赤いし。



「Aちゃん可愛すぎて、なんか調子狂ったんよ……。だから、体調悪い訳ちゃうんや。むしろ、Aちゃんとダンス踊りたいって言うかなんて言うか……」



かわいい、と言われ体の体温が上がるのが分かる。かわいいなんて、中々言われた事無いから、改めて聞くと恥ずかしい。



「せやから、Aちゃん。改めて、





俺と、俺のパートナーとして、ダンスを踊ってくれへん?」




そう言って緊張した顔持ちで手を差し出してくるセンラ。





『……もちろん。よろしくね、センラ様』



私は微笑み、差し出されたその手を、取った。

107話→←105話


ラッキー歌い手

うらたぬき


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (104 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
299人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , 浦島坂田船 , AtR
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

神谷朱里(プロフ) - 嶺音さん» ただいまでーす!続きはお楽しみに(*´∀`) (6月1日 6時) (レス) id: 53f80ab33e (このIDを非表示/違反報告)
神谷朱里(プロフ) - 絢乃さん» わーありがとうございます!ただいまです! (6月1日 6時) (レス) id: 53f80ab33e (このIDを非表示/違反報告)
嶺音 - おおーーΣ(゜Д゜)いっぱい更新されてる!お帰りなさい。お疲れ様で〜す。続きが凄い気になる!頑張って下さい!! (5月31日 23時) (レス) id: feeb429954 (このIDを非表示/違反報告)
絢乃(プロフ) - お帰りなさいです!テストお疲れ様です! (5月31日 23時) (レス) id: 2caae02809 (このIDを非表示/違反報告)
神谷朱里(プロフ) - 嶺音さん» ありがとうございます!頑張りますよぉぉお!!!(*゚∀゚) (5月14日 6時) (レス) id: 53f80ab33e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:朱里 | 作成日時:2019年4月21日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。