占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:95 hit、合計:72,883 hit

88話【大切な家族】 ページ1

うらたさんを後ろにかばい、私は身構えた。


「A駄目だ!そいつは腐っても元大将クラスの奴だ!俺はいいから逃げろ!」


久々に見るうらたさんの姿は、かなりやつれていて、本当に何も食べさせられていないんだと感じられた。


『うらたさん』


私はうらたさんの方に振り向くと、にっと笑った。


『大丈夫です、助けさせて下さい!』


安心して欲しくて、笑いかける。
うらたさんは少し目を潤ませると、私の隣に立った。


「A、俺も戦う」

『うらたさん……!』

「……レオ、あんたの事は一応は信頼してた。けど、俺の大切な人にまで手を出そうとするなら、容赦しねぇからな」


レオさんに向けてそう言い放つうらたさん。
レオさんは悔しそうに顔を歪ませると、こちらに襲いかかってきた。


『うらたさん、私が撹乱するので、後ろから有効打をお願いします!』


武器を持っているのはうらたさんだけ、私は体術しか使えないし、そこまで強く無い。
私ができるのは、前で囮になること。


「っ、無理すんなよ」


うらたさんは弓矢を構える。私はレオさんに向かって走り出した。


「死ねぇええ!」


片手剣を振りかぶってくるレオさんの攻撃を、横に少しずれ避ける。レオさんの剣は床をえぐり、床の破片が辺りに飛び散る。


(片手剣なのになんていう破壊力なの!?)


私は拳を握りしめると、レオさんに殴りかかる。レオさんは瞬時に剣を自分の前に持ってくると、剣で私の拳を防ぐ。


『っつー……』


硬い剣に拳が当たったことで、拳がじんじん痛んだ。私は少し距離を取る。


「そんなもんか、娘!」


やっぱ強いな、この人……。

89話 そらるside→


ラッキー歌い手

うらたぬき


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (104 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
299人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , 浦島坂田船 , AtR
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

神谷朱里(プロフ) - 嶺音さん» ただいまでーす!続きはお楽しみに(*´∀`) (6月1日 6時) (レス) id: 53f80ab33e (このIDを非表示/違反報告)
神谷朱里(プロフ) - 絢乃さん» わーありがとうございます!ただいまです! (6月1日 6時) (レス) id: 53f80ab33e (このIDを非表示/違反報告)
嶺音 - おおーーΣ(゜Д゜)いっぱい更新されてる!お帰りなさい。お疲れ様で〜す。続きが凄い気になる!頑張って下さい!! (5月31日 23時) (レス) id: feeb429954 (このIDを非表示/違反報告)
絢乃(プロフ) - お帰りなさいです!テストお疲れ様です! (5月31日 23時) (レス) id: 2caae02809 (このIDを非表示/違反報告)
神谷朱里(プロフ) - 嶺音さん» ありがとうございます!頑張りますよぉぉお!!!(*゚∀゚) (5月14日 6時) (レス) id: 53f80ab33e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:朱里 | 作成日時:2019年4月21日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。