占いツクール
検索窓
今日:68 hit、昨日:176 hit、合計:6,886 hit

第49話 ページ2

Aside









『さ、智司…っ!』









俺にチャカ突き付けられてるからか、どんだけ殴られてもどんだけ蹴られても、一切抵抗しなかった智司。









あんだけ強い智司があっという間にボロボロになっていく様子を見て、涙が止まらなかった。









『やだ…、やだ、やめて…!智司!!私なんかどうでもいいから…!
智司が、智司が死んじゃう!!』


片桐『…はっ……俺が、これごときで死ぬような奴だと思ってんのか…?』


『さ、とし…』


片桐『不細工な泣き顔、見せてんじゃねぇよ』









血だらけになりながらも安心させるように笑ってた智司。









そんな智司に男達は容赦無く暴行を加えて。









『ぅおらっ!!』


片桐『っ!!』









こっちにまで聞こえるほどの音を立てて男が顔面を蹴り上げると、智司は動かなくなった。









『…ははは……っ!ざまぁないね』


『嘘…、さとし……?』


『あーあ、スッキリした。じゃあね、片桐サンのお姫様。
顔も可愛いし、また会いに来るかもね』









男が何か言ったけど俺の意識は智司に釘付けで、耳に入らなかった。









『ねぇ、智司…!目開けてよ!やだ……、やだ!!』









あいつらがいなくなって、二人だけになった倉庫に俺の声だけが響いてた。









相良『A!!智司!!』


『さがら、くん……』









涙で滲んでよく見えなかったけど、入口には相良くんを筆頭に大量の開久の生徒がいて。








相良くんは一目散に俺の方に駆け寄って来てくれた。









相良『A!大丈夫か?』


『来るのが遅いよ、馬鹿…!』


相良『悪ぃ…』


『っ、智司!』









相良くんに縄を解いてもらって自由になった俺は即座に智司の元に駆け寄った。







見てるこっちが痛くなってくるほど大怪我してた智司は、どんだけ呼びかけても、揺すっても、目を開けてくれなくて。









誰かが呼んでくれた救急車が来るまで俺はずっと、智司の名前を呼び続けてた。

第50話→←第48話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (28 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
134人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

香月なる(プロフ) - うららさん» いつもコメントありがとうございます!はい!頑張ります…! (10月20日 8時) (レス) id: 4194bddbe5 (このIDを非表示/違反報告)
うらら - テストや入試お疲れ様です!更新楽しみにしています(*´ω`*) (10月20日 8時) (レス) id: 8150ca9e09 (このIDを非表示/違反報告)
香月なる(プロフ) - うららさん» ありがとうございます!めちゃめちゃ嬉しいです…! (9月10日 7時) (レス) id: 4194bddbe5 (このIDを非表示/違反報告)
うらら - 他の方には失礼かもですが、香月さんの文は占ツクには滅多に居ないほど上手です!読んでいてここの文おかしいや、///など記号も少なくて個人的にとても文章が好きです!ですので是非完結までゆっくり自分のペースで更新よろしくお願いします!楽しみにしてます! (9月10日 0時) (レス) id: 8150ca9e09 (このIDを非表示/違反報告)
香月なる(プロフ) - うららさん» ありがとうございます!めちゃめちゃ嬉しいですw早く更新出来るように頑張ります! (9月8日 9時) (レス) id: 4194bddbe5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:香月なる | 作成日時:2019年8月7日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。