占いツクール
検索窓
今日:10 hit、昨日:107 hit、合計:14,141 hit

じゅうさん.風邪 ページ2

※前回のバレンタイン番外編に繋がってます

はぁっ、はぁっ、と荒れた息を整える。

今は出陣中、場所は厚賀志山。
私は極になったから、力試しに連れてこられた。

唯…先刻から、やたら息が切れやすくて、体が熱く、さらには熱っぽい。

取り合えず全員倒し終わったので、馬に乗る。


和泉守「おい乱、さっきからやたら怠そうだが、大丈夫か?」

『和泉守さん…大丈夫だよ。』


下から手をつつかれ、見上げられる。
一応大丈夫と言ったが、息が苦しくて堪らない。

和泉守さんに目線を合わせようにも合わせられない。
頭がぐわんぐわんして、気持ち悪い。


和泉守「……おい乱、お前本当に、っておう?!」

『っはぁ、はぁ…』


遂に馬から倒れそうになり、和泉守さんにキャッチして貰う。

頭が気持ち悪い。
やたら熱っぽい。
朝餉が出そうで気持ち悪い__。


和泉守「おい、乱?!っお前、めっちゃ熱いじゃねぇか?!」

石切丸「乱さん?!っ、熱い……隊長!」

山姥切国広「分かってる。全員帰城だ!」


そのまま、気絶した。


***

友斗side

突然、厚賀山に出陣していた第一部隊が、全員帰城の命を出した。

隊長の国広に聞くと、どうやら乱が突然倒れたの事。

咄嗟に受けた和泉守によると、恐らく熱があるだろう、と言っていた。

取り合えず手入れ部屋を空け、布団を敷き、熱冷ましやら風邪薬を用意しといた。

何故か引きこもってた光世も、事情を説明すると、快く引き受けてくれた。

後は、帰城を待つのみ。
と言う訳で、今は光世と一緒にゲートの前で待っている。

…ゲートが開いた。


友斗「乱は?!」

石切丸「此処に。途中で祓っておいたけど、あまり効果は無さそうだ…」


石切丸が馬から降りる。
姫抱きされていた乱は、どう見ても苦しそうで、顔がいつもより赤かった。


友斗「っそのまま乱を手入れ部屋の布団に寝かせて!光世も、手入れ部屋についたら乱の看病を!国広と和泉守は戦況報告と、乱の様子を。後の奴らは解散!」


そう言うと、各自バラバラに動き始める。

国広と和泉守によると、和泉守が最初に異変に気付いて、キリのついた時に乱に声を掛けると、苦しそうに倒れた。

その前までは、少し動きに違和感があった位で、苦しそうには見えなかった。

ゲートまでは石切丸が邪気っぽいのを祓ってくれたが、効果は薄い。


山姥切国広「すまない、俺がすぐに気づけば…」

友斗「お前は悪くねぇよ。」

じゅうよん.推測→←設定



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (17 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
99人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , 乱藤四郎 , 成り代わり
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:赤林檎 | 作成日時:2019年2月16日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。