占いツクール
検索窓
今日:94 hit、昨日:28 hit、合計:8,286 hit

十中八九 ページ15

二日後には営業を再開した"心の相談室 鹿地"は、
すっかりいつも通りである。荒らされた室内の掃除は、万事屋の活躍により綺麗になった。


急ピッチで色々ありすぎて忘れていたけれど、私が
抱える問題はストーカーだけではないことを
思い出す。




(・・坂田さんとのあれやこれ!!)


いや、あれやこれと言うと誤解を生みかねないか。
まあ要するに私の彼に対する気持ちである。


・・なぜ?どうしてあの男なのだ。

世の中には35億もの男がいるらしい。その中で、
よりによって坂田さんを選ぶなんて正気の沙汰とは
思えない。世のほとんどの男性が、彼よりは
幾分かマシな造りをしてるはずなんだけど。


考えれば考えるだけドツボにはまって
ぬけだせなくなる気がしてくる。





「Aさん、大丈夫ですか?顔が怖いです」

「助手・・、人の心ってわかんないもんだよね」

「カウンセラーがそれ言いますか」



まあ人間については、カウンセラーにも
わからないことが多いですよね、と。

まったくその通りなのである。思わずため息が出る









「ーーーで、坂田さんには気持ちを
お伝えしたんですか?」

「ごぶっ」

「汚い」




・・おーっと待てよ。助手は読心術でも
使えるんだろうか?



驚いた拍子に、持っていたペンが転がった。
突然核心を突いてくるなんて思わなかった。が、
同時に助手らしいなという気もしてくる。




「はっきりしてるなら、お伝えしては?」

「いや、そんな気軽に話せることでは・・。
私のプライドが許さないっていうか」

「そうですか?そのまま悶々とされて仕事に支障が出るより、あなたのプライドがズタボロになる方が
私にとってはマシですけどね」

「ぐっ」



なんだよなんだよ!この前、私を心配してすっぴんで駆けつけてくれた可愛げのある助手はどこだ!?

夢だったのか、幻だったのか。

私のメンタルより仕事の効率性を優先する冷徹さは
ストーカー事件前と何も変わらない。




「でも、告白なんてしたことないし」

「誰だって初めての瞬間はありますよ」

「でも、フラれたら?坂田さんに拒絶されたら、
屈辱で悶え死ぬかもしれない」

「人間は屈辱を乗り越えて成長するんです」

「でも____、」

「今度"でも"を使ったら屈辱で悶え死ぬ前に
終わらせてあげます」


「・・・・何を!?」





十中八九、命である。

夏休みばりの休み→←株



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (45 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
123人がお気に入り
設定キーワード:銀魂 , 坂田銀時   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

紫蘭(プロフ) - 続編おめでとうございます!! 夢主ちゃんに向けられる銀さんの言葉が何故だか私にまで響いてきます…笑笑 更新等大変かもしれませんが、リアル優先で頑張ってくださいね!! 応援しております!! (3月31日 12時) (レス) id: 6053f0b386 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:シュシュ☆☆ | 作者ホームページ:   
作成日時:2019年3月31日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。