検索窓
今日:286 hit、昨日:491 hit、合計:309,386 hit

#5 ページ5

Watanabe side




今日は付き合ってから初めてAと帰る日。





何だかんだで俺も週3くらいは部活に出てるし、Aも藤田さんと帰る日もあって。





友だちとの付き合いは引き続き大事にして欲しいし、俺も削る気は無いからそこは最初に2人で約束をした。






で、ようやく予定が合ったのが今日。






Aと並んで座り、ゆっくり話しながら帰る車内は正直最高だった。






普段は用がなければさっさと家に帰りたい俺が、長い各駅をあっという間に感じた程。






こうして学校外でAと一緒にいるのが何だか新鮮で。





隣から緊張オーラがめちゃくちゃ伝わってくるAを、バレないように横目で見ていた。






家までは送らなくて良いと頑なに断る彼女に、これ以上しつこくするのも違うかなって思って、ここはお言葉に甘える事に。






そしたら降りる直前に、


「今日の夜、電話しても良い?」って真っ赤な顔をして聞いてくる。







その時の俺はなんだかめちゃくちゃ動揺したんだけど、あくまでもそれがバレないようにクールに返事をした。







…どうしよう。




すげー嬉しいぞ。





付き合う前も俺から電話していたから、Aが電話したいと言ってくれて単純にテンションが上がった。











夜、




彼女はいったい何時に電話をかけてくるんだろうか。





ソワソワして落ち着かなくて、




俺は早めに風呂に入り、あとはずっと部屋でダラダラしながらその時を待っていた。





…つか、こんな待ち侘びてる自分がだいぶ恥ずい。







それなりに恋愛はしてきたはずなのに、なんだかこんな気持ち自体が久しぶりで楽しいし、

そうさせてくれるAがやっぱり好きだなって。






ウブな感じの自分も悪くないかもなって、そんな風に思っていたら…






電話が鳴った。







第一声から明らかに緊張しているAの様子が電話越しに伝わって来る。





色々話してる中で、頑張って話題を繋ぐ感じも俺の心をくすぐって止まなくて。






Aがあまりに素直だから、俺も『電話を待っていた』とポロッと本音が出てしまう。







彼女はしばらく沈黙した後、


『…私、ドキドキしすぎて今正座してるんだ、笑』



なんてちょっと話題を逸らし、えへへ…と照れ笑いをしている。










…何だよそれ、






…可愛すぎんだろ。








何かもう本当、



無性に抱きしめたくなった。

#6→←#4



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (566 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2893人がお気に入り
設定タグ:渡辺翔太 , SnowMan
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

R(プロフ) - のまんぼーさん» とっても嬉しいです🥺💕読んでくださってありがとうございました!✨ (9月30日 2時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)
のまんぼー(プロフ) - 初めまして。すごく素敵な作品でした!お互いが好きで切ない感じがめちゃくちゃ好きでした! (9月25日 23時) (レス) id: b15a367a8c (このIDを非表示/違反報告)
R(プロフ) - みかさん» いつも本当にありがとうございます😭みかさんのコメントめちゃくちゃ励みになってます🥺✨ (7月5日 20時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)
みか - お疲れ様でした✨いつも読み応えあります (7月3日 20時) (レス) id: d2e789e792 (このIDを非表示/違反報告)
R(プロフ) - みんみんさん» こんなデートがしてみたかったなんて、本当に嬉しいお言葉です🥺ありがとうございます🥺💕最後まで読んで下さりありがとうございました☺️✨ (7月3日 12時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:R | 作成日時:2022年6月21日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。