検索窓
今日:256 hit、昨日:491 hit、合計:309,356 hit

#34 ページ34

走って到着した待ち合わせ場所に、渡辺くんの姿はなかった。





5分と言いつつ、何だかんだで10分近く遅れてしまったこの状況。






もしかして…


怒って帰っちゃった?






私は息を切らしたまま、咄嗟にそのまま電話を掛ける。






何コールか鳴った後で、『はい』と渡辺くんの声。






『あ、渡辺くん?!今着いた…っ!本当ごめん、遅くなっちゃって。今どこにいる?』





渡『後ろ』





『えっ!?後ろ…??』





ビックリしながら振り向くと、





渡『ふはは、おはよ、笑』





スマホを耳に当てながら笑顔を見せる渡辺くんが、すぐ真後ろに立っていた。






「えぇ…⁇…おはよぉ」





私は驚きとホッとした脱力感で、つい間抜けな声が出た。





渡「汗かいてんじゃん、笑」





渡辺くんが額に張り付いた私の前髪を指ですくう。





「あぁあ!ダメダメダメ」





私は前髪を押さえ、これ以上汗をバレる訳にはいかず咄嗟に渡辺くんから後ずさる。





せっかく一生懸命準備してきたのに、結局はバタバタで汗だくで…




もう初っ端から最悪のスタートで泣きそうだ。





ハンカチで顔の汗を拭いながら、乱れた呼吸を整えていると、





渡「また寝坊でもしたの?笑」

と、揶揄うように聞いてくる。





「逆。全然眠れなかった」




渡「え、なんで?」




「緊張しすぎたからだよ」





前回学校に遅刻しそうになった時は、渡辺くんとの前日の電話でドキドキして眠れなくて。


私のコンディションを乱すのはいつだって渡辺くんなんだ。





渡「ふはは、緊張して眠れないとか…可愛いじゃん、笑」





渡辺くんは私の汗事情なんかお構いなしに、私の頭をポンポンと撫でる。





「来る途中でちょっと、困ってた人がいて…」





渡「え、マジ?俺もなんだけど」





「え?」





渡「今ちょうど困ってた少年をバス停に送ってきたとこ」





「…そうだったんだ…」







私たちが最初に出会った時の事を思い出す。





そこで私は彼の優しさを知り、誤解が解け、ギャップに恋をした。






そして‘’声掛けられ顔‘’という思わぬ共通点を見つけたんだっけ。





渡「やっぱ俺ら、めちゃめちゃ声掛けられ顔じゃん、笑」





「…だね、笑」






最悪だと思っていた初デートの待ち合わせは、いつのまにか笑顔に包まれていて。






私のコンディションを乱すだけじゃなくて、

整えてくれるのもまた、渡辺くんなんだと気付いた。

#35→←#33



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (566 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2893人がお気に入り
設定タグ:渡辺翔太 , SnowMan
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

R(プロフ) - のまんぼーさん» とっても嬉しいです🥺💕読んでくださってありがとうございました!✨ (9月30日 2時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)
のまんぼー(プロフ) - 初めまして。すごく素敵な作品でした!お互いが好きで切ない感じがめちゃくちゃ好きでした! (9月25日 23時) (レス) id: b15a367a8c (このIDを非表示/違反報告)
R(プロフ) - みかさん» いつも本当にありがとうございます😭みかさんのコメントめちゃくちゃ励みになってます🥺✨ (7月5日 20時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)
みか - お疲れ様でした✨いつも読み応えあります (7月3日 20時) (レス) id: d2e789e792 (このIDを非表示/違反報告)
R(プロフ) - みんみんさん» こんなデートがしてみたかったなんて、本当に嬉しいお言葉です🥺ありがとうございます🥺💕最後まで読んで下さりありがとうございました☺️✨ (7月3日 12時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:R | 作成日時:2022年6月21日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。