検索窓
今日:182 hit、昨日:352 hit、合計:306,590 hit

#15 ページ15

「ねぇ、そう言えば部活は?」






辰「あ、そうじゃん!」






「やべっ!」と言いながら慌てて立ち上がる。






渡辺くんが今日部活で帰れないと言っていたのに、同じくバスケ部の辰哉がここにいるのはおかしな話だ。






辰「いやさ、実を言うと今日物理のテストの補習受けてて元々部活は遅刻予定だったんだけど、屋上に上ってくAちゃんの姿見つけたから何か反射的に追いかけちゃって」






…なるほど、

そういう事だったのか。






「間に合う?」






辰「間に合うっしょ〜。つかこんなんで副部長とかヤバいよね?笑」





「えっ?辰哉、副部長なの?」






辰「ははっ、一応ね〜笑」






そう緩く笑う姿は正直全然副部長の威厳は無かった。






「ごめんね、なんか私が色々話しちゃったから」






辰「いやいや、元はと言えば俺が勝手にAちゃんを追って来ただけだし、笑」





そのまま一緒に屋上の扉を開け、再び校舎へと戻る。





「部活、頑張ってね」





辰「ありがと。Aちゃんはもう帰り?」





「うん、久美を待ってただけだから」





辰「お〜そっか。んじゃ、気をつけてね〜」





そのままヒラヒラと手を振る辰哉の後ろ姿を見送った。













辰哉を見送ってる最中に、タイミング良く久美から委員会が終わったと連絡が入る。






玄関で待ち合わせした私たちは、高校を後にしてさっそくカフェへと向かうことにした。






久「待たせちゃってごめんね?時間潰せた?」






「うん。屋上いたら辰哉が来て、ずっと話してた」






久「へぇ〜、そうなんだ。なんか渡辺が知ったら妬きそう〜!笑」






「妬く?」





久「うん。渡辺って嫉妬深そうじゃない?笑」






「めっちゃ勝手なイメージだけど」って久美は笑ってる。





確かに前に辰哉とホームに2人になった時、気が気じゃなかったとは言っていたけど…


いつもどこか余裕な表情の渡辺くんに、嫉妬なんて無縁なんじゃないかって思った。






「まぁでも渡辺くんの話をずっとしてた訳だから、嫉妬も何もという感じだけどね、笑」






久「渡辺の話?辰哉に相談乗ってもらった的な?」






「そうそう。土曜日のデートについて」






久「あっ、その事について私も早く詳しく聞きたい!」






そう言ってなぜか久美は張り切り、彼女に手を引かれる形で少し歩みを早めた。

#16→←#14



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (564 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2899人がお気に入り
設定タグ:渡辺翔太 , SnowMan
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

のまんぼー(プロフ) - 初めまして。すごく素敵な作品でした!お互いが好きで切ない感じがめちゃくちゃ好きでした! (9月25日 23時) (レス) id: b15a367a8c (このIDを非表示/違反報告)
R(プロフ) - みかさん» いつも本当にありがとうございます😭みかさんのコメントめちゃくちゃ励みになってます🥺✨ (7月5日 20時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)
みか - お疲れ様でした✨いつも読み応えあります (7月3日 20時) (レス) id: d2e789e792 (このIDを非表示/違反報告)
R(プロフ) - みんみんさん» こんなデートがしてみたかったなんて、本当に嬉しいお言葉です🥺ありがとうございます🥺💕最後まで読んで下さりありがとうございました☺️✨ (7月3日 12時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)
みんみん - こんなデートがしてみたかった。もちろん渡辺くんと💙あとがきを読んで納得。すれ違いや嫌なライバル登場等が無いおかげで、読み手のこちらもノンストレスで気持ち良く読み進められました!素直に気持ちを言葉に出来る2人だったのもホント最高。 (7月3日 1時) (レス) @page43 id: d946c1f5c6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:R | 作成日時:2022年6月21日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。