検索窓
今日:49 hit、昨日:296 hit、合計:309,881 hit

#1 ページ1

渡「今週の土日さ、どっちか暇?」






今、私の隣に座ってこんな質問を投げかけているのは、

1週間前に私の彼氏になった渡辺くん。






私たちは今、学校帰りの各駅電車に揺られながら、隣同士に座っている。






なぜ特急チームの渡辺くんが各駅に乗っているのか。







実は今、

私は初めて彼氏と下校というものを体験中。







そう、

渡辺くんが私に合わせて、一緒の各駅電車でゆっくり帰ってくれているのだ。







いつも1人だった車内に渡辺くんが一緒というだけでいっぱいいっぱいだと言うのに…







渡「ねぇ、聞いてる?」





「あっ、はい!」






今週末の予定を聞かれて、私はフリーズしていた。






渡「で、空いてる?」





「どっちも、空いてる」





渡「お、じゃあどっか行こうよ」





「えっ!?どっかって…どこ?」





渡「それをこれから決めんじゃん、笑」





そう言って笑ってる。






それって、つまり…







渡「んふふふ、初デートだね、笑」






私が心で噛み締めていた事を、非常に楽しそうにニヤニヤしながら渡辺くんが声に出して言ってくる。






「そう…だね。私はどうしたら?」






渡「どうしたらって、笑 考えといてよ、どこ行きたいか」





「えぇっ!?ハードル高くない?!」





渡「どこがだよ。笑 行きたいとこ言えば良いだけじゃん、笑」





またしても可笑しそうに笑う渡辺くん。






そんな事言われても…異性と行きたい場所なんて今まで考えた事もなかったんだもん、仕方ないじゃん。






「うーん…」






渡「そんな悩む?笑」






「悩むよ」






渡「ふはは!笑」







「まぁまだ時間あるから」と渡辺くんは軽く言うけれど、


これは私にとっては一大事。






「…分かった」





とりあえず今日からたくさん悩むとしよう。






渡「あのさぁ、そんな思い詰めた顔しないでくれる?笑」






「違うよ、真剣なだけ」






渡「ふははは!そうか、笑」






相変わらず笑っている渡辺くんはさて置き、

この日から、初デートを迎えるまでの私のドキドキの日々が幕を開けた。

#2→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (567 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2893人がお気に入り
設定タグ:渡辺翔太 , SnowMan
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

R(プロフ) - のまんぼーさん» とっても嬉しいです🥺💕読んでくださってありがとうございました!✨ (9月30日 2時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)
のまんぼー(プロフ) - 初めまして。すごく素敵な作品でした!お互いが好きで切ない感じがめちゃくちゃ好きでした! (9月25日 23時) (レス) id: b15a367a8c (このIDを非表示/違反報告)
R(プロフ) - みかさん» いつも本当にありがとうございます😭みかさんのコメントめちゃくちゃ励みになってます🥺✨ (7月5日 20時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)
みか - お疲れ様でした✨いつも読み応えあります (7月3日 20時) (レス) id: d2e789e792 (このIDを非表示/違反報告)
R(プロフ) - みんみんさん» こんなデートがしてみたかったなんて、本当に嬉しいお言葉です🥺ありがとうございます🥺💕最後まで読んで下さりありがとうございました☺️✨ (7月3日 12時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:R | 作成日時:2022年6月21日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。