占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:5 hit、合計:4,263 hit

1 銀髪の侍 ページ1




「ん?あれは…」



ある雨の日、することもなく町をふらついていると、前に土方君の姿が見えた。

その横顔がいつも見る顔とは違い、少しばかりの笑みを浮かべていたのが気になり、ついていくことにした。

すると、



「十四郎さん!」




と一人の女がそいつに近付き、話し掛けていた。




「A。待たせたな」

「私も今来たところなんです!早く早く」

「はいはい」



意外な一面を見てしまった。

…土方君も隅に置けないねェ。

なんて思ってると、二人はどこに行くわけでもなく、どうやら雨宿りをしているだけのようだった。

…傘を持っているのに、だ。





「今日は久し振りに雨が降りましたね」

「そうだな」



それでも、二人は楽しそうに話をしているのが印象に残った。


・→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (19 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
44人がお気に入り
設定キーワード:銀魂 , 土方美零 , 土方十四郎
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:土方美零 x他1人 | 作成日時:2018年10月5日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。