占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:110 hit、合計:24,294 hit

* 少し立ち止まっての続きから。Byセンラ ページ18

「志麻くん…」

俺らも最初はそうやった。
最初起きた時はなんもわからんかった。
同じように苦しかった。

記憶もなかったけど、俺らひょんな事から思い出しただけやもん。

覚えてない事も、仕方がない。

やけど…



やっぱり…面と向かって言われたら悲しいな。



志麻くん見つけた時、本当に嬉しくて思わず抱きついてしまったぐらいやのに。

会えないかもしれない。って思ってたメンバーと会えたから、そりゃあ嬉しかった。


その状態で「知りません」なんて言われたら悲しいわ。

ずっとお互い隣でおったのにな、俺ら。




本当は早く思い出して欲しい。

本当は、俺の事を「相棒」って呼んでくれる志麻くんに早く会いたい。

早く、四人で笑いたい。



「…っあ……ぅううっ…」


でも、


「志麻くん…」



そんなに…苦しいん?


俺らの記憶を思い出すには、そんなに志麻くん苦しまなあかんの?


.



俺が記憶がなくなってぼんやりしていた時に、頭の中に不自然な空白がある気がしてずっと悩んでいた。

そのことを気にすると何故かやけに悲しくなるもんだから、俺は気にせんようにして逃げた。

でも志麻くんはずっと逃げんで立ち向かってしまっとった。

多分これは記憶の穴。
きっとここには俺らが紡いで来た記憶がずっとあって、それが何故か急に抜けてしまった。
心にぽっかりと穴が空いて、ずっとここに当てはまるような記憶が無きゃ、誤魔化す事が出来ない。ずっと悲しんだまま。



俺はこの穴がある事さえも途中で忘れていた。


…いや、違う。

この穴が、少しづつ埋まっていってたんだ。

この穴を埋めたのは自分の強さじゃなかった。善逸の事、人の繋がりの事、温かみの事。

俺はそれに甘えた。

時代を超えても変わらなかった物が、俺に分け与えられた物が、その空白にどんどん詰まっていった。


だから、良くも悪くもその空白を忘れてしまった。





志麻くんは忘れなかった。


その空白が埋まらなかったのか。
それに値する物が見つからなかったのか。

はたまた、“忘れないでいてくれたのか”


…どちらにせよ、自分を守らない方を選んだ。

そこにあったと分かっていて、思い出す恐怖、違和感がある事への不安があるから、苦しいんや。

それは皆同じ。でも志麻くんは逃げんかった。

空白を、忘れんように意地でも守った。

「…無理せんでええ。大丈夫、責めたりなんかせえへん」



今はそう声をかけよう。


メンバーの苦しむ顔は、見たくないんや。

*さっきの続き→←九話 蝶屋敷と紫



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (48 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
66人がお気に入り
設定キーワード:原作沿い , 鬼滅の刃 , 浦島坂田船
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

筆ペン屋さん(プロフ) - 火白.さん» 遅くなってすみません、ちゃんとレス出来ていませんでした。このコメントの下のコメントが返信です。 (4月13日 12時) (レス) id: 51416204c7 (このIDを非表示/違反報告)
筆ペン屋さん(プロフ) - コメントありがとうございます。一気読みするほどこの作品を読んで楽しんでくれているなんて凄く嬉しいです!これからも頑張るので、よろしくお願いします! (4月13日 0時) (レス) id: 51416204c7 (このIDを非表示/違反報告)
火白. - とても面白かったです!自分、夢主が出てこない小説ってあまり読まなかったんですけど、この小説は一気に読んじゃいましたw更新応援してます。頑張ってください。 (4月13日 0時) (レス) id: 04104f9d42 (このIDを非表示/違反報告)
筆ペン屋さん(プロフ) - もっささん» コメントありがとうございます。凄く面白いと言って貰えて嬉しいです!かなりの長編なので、完結するには時間がかかりますが、精一杯頑張りたいと思います! (3月29日 16時) (レス) id: 51416204c7 (このIDを非表示/違反報告)
もっさ(プロフ) - 凄く面白かったです!!続き、楽しみにしてます!更新頑張ってください!(^^) (3月29日 16時) (レス) id: 487c093ca1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:筆ペン屋さん | 作成日時:2020年3月28日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。