占いツクール
検索窓
今日:79 hit、昨日:252 hit、合計:18,604 hit

苦いチョコレート。 ページ4

僕は今、近くのショッピングモールにいる。

「ねえねえ、うつくん。あそこのお店見たいな」

「っああ、うん。行こか」

彼女(?)になったAちゃんと、デート。

幼馴染やのに二人で出かけたことはなく、これが初めて。

…いやしかし。

十数年一緒におるけど、私服を見るのも久しぶりで彼女に良く似合うフワフワした花柄のワンピース。

春色のそれは、彼女以上に似合う人を見たことがない。

「可愛ええなぁ…。」

「ん?どうしたん?うつくん。」

「何もないで。あ、ほら着いたわ。見よか」

隣にいても触れることのないAちゃんの、しなやかで柔らかな(てのひら)

付きおうてるねんから、繋いでもええやんな…?

浮き足立って笑みを浮かべる彼女の手を握る。

「…え?うつくん?」

ピクリと肩を震わせるAちゃん。

嫌、やったかな。

「いや、ほら。僕ら付き合ってるし、手繋いだりするんやで?」

「そ、そっか…。そうやんなぁ。」

シルクみたいに綺麗な彼女の肌が、水彩絵の具を溶かしたみたいに染まる。

…僕が、リードしたらな。

この子は今まで恋なんて言葉すら知らずに過ごしてきたんや。

僕みたいに、色んな異性に話しかけたりしてない。

やから、僕が一から百まで教えてあげらんと。

彼女が見たいと言った雑貨屋さんを見て回る。

沈黙のまま彼女の視線の先を追っていると、立ち止まる。

「…ん?どうしたん?なんか良いのんあった?」

「あ、うん。…このバレッタ可愛いなぁって」

綺麗なピンク色の爪先が指すそれは、季節を選ばないデザインのものだった。

「お、ええやん。」

「…ね!めっちゃ可愛い。他にもないかなぁ」

「あれやったら店内回り?僕も見とくし」

「…うん。じゃあ見てくる」

握られていた手が離される。

名残惜しいけど、自由に見て回りたいやろうしなぁ。

彼女が店の奥へ進んだのを見届け、僕は置かれているそれを手に取る。

「…初めてのデートやし。」

喜んでくれたらええなぁ。なんて。

僕らしくないなぁ。狂うわ。ほんま。

甘いチョコレート。→←苦いチョコレート。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (46 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
249人がお気に入り
設定キーワード:d! , ut , wrwrd
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ちぇる(プロフ) - メロンパンさん» コメントありがとうございます! (12月1日 19時) (レス) id: 2136318bfb (このIDを非表示/違反報告)
メロンパン - 彼氏が関西弁ってのがきゅんきゅんですねぇー 次の更新も楽しみにしてます!! (12月1日 17時) (レス) id: 0e27099bf0 (このIDを非表示/違反報告)
ちぇる(プロフ) - つむ(^p^)**さん» コメントありがとうございます! (11月25日 20時) (レス) id: 2136318bfb (このIDを非表示/違反報告)
つむ(^p^)** - コメント失礼します。純粋でピュアっピュアで見てるこっちが思わずキュン、と胸が高鳴ります。はっ…!これって…恋?((凄く可愛らしくて甘酸っぱいのに、本当にチョコレートのように甘々で…大好きです。これからも更新頑張ってください! (11月25日 20時) (レス) id: 747155de06 (このIDを非表示/違反報告)
ちぇる(プロフ) - 猫大好きさん» コメントありがとうございます! (11月24日 19時) (レス) id: 2136318bfb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ちぇる | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2020年11月23日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。