占いツクール
検索窓
今日:246 hit、昨日:515 hit、合計:340,138 hit

04 提案は名案ではない ページ4

.





TH「キムテヒョンです。どうぞよろしく」





 





彼のあいさつに、そこかしこで湧く女性社員。


その現状に満更でもないへたくそな笑顔を浮かべたそいつと、バチッと目が合った。





 





TH「……A?」


「…久しぶりだね、テヒョン」





 





もう二度と会う事はないと思ってたよ。





 





MN「え、うそ!Aの知り合い!?」


「あー、うん。高校の同級生」


MN「うっそ、マジで!?あんなイケメンと!?」





 





そう、あのクソイケメンと。


テヒョンはまわりなんか気にしない様子で、スタスタと私に近づいてくる。





 





TH「ひどくない、その紹介」


「…は?」


TH「あんなに愛し合った仲じゃん」





 





そう言ってわざとらしくいやらしい笑みを浮かべるテヒョンに、悲鳴にも似たような声が上がる。


おい、ここ会社。





 





「テヒョン」


TH「ん?」


「おまえ、殴るよ?」


TH「いった…!」





 





テヒョンの頬を思い切りつねってやれば、苦痛に歪む綺麗な顔。


ふん、ざまあ。





 





MG「Aくん、テヒョンくんと知り合いなのか」


「あ、はい。一応」


TH「一応ってなんだよ。がっつり知り合いじゃん」


「……」


TH「はい、無視ね。変わんないなー、おまえ」





 





部長の言葉に返事をすれば、あ、良い事思いついた!みたいな顔してる部長と視線が合う。


え、まって。嫌な予感。





 





MG「よし、じゃあ指導係に任命しよう」


「は?」





 





ほら、きた。


ふざけんな、この狸。





.

05 大嫌い→←03 綺麗でとても憎い



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (353 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
664人がお気に入り
設定キーワード:BTS , テヒョン , 防弾少年団
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

緋夏(プロフ) - きむみんじさん» ありがとうございます(´;ω;`)そんな嬉しいコメントを頂けるなんて…!とても幸せです(´∀`*)みんな大好きなので、その思いを感じていただけて良かったです!ありがとうございました! (9月19日 11時) (レス) id: 1a4eb51f6c (このIDを非表示/違反報告)
きむみんじ(プロフ) - 遅ればせながら……重い題材を扱いきれてるところ。。。文章力がすごすぎます! 誰の思いもないがしろにしないところ、登場人物への愛着を感じました。素敵なお話ありがとうございました! (9月19日 7時) (レス) id: 0cae345439 (このIDを非表示/違反報告)
緋夏(プロフ) - みいさん» こちらこそ読んでいただけて幸せです(´∀`*)号泣してくださるなんて…!!ありがとうございました! (9月13日 8時) (レス) id: 1a4eb51f6c (このIDを非表示/違反報告)
緋夏(プロフ) - 轉さん» わあ、私のお話で感動していただけて私が感動です!!ありがとうございます(´;Д;`) (9月13日 8時) (レス) id: 1a4eb51f6c (このIDを非表示/違反報告)
みい - 号泣です。こんなに素晴らしい作品を、読ませていただけて、幸せです。 (9月10日 16時) (レス) id: 7b5dea59e2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:緋夏 | 作成日時:2018年3月28日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。