占いツクール
検索窓
今日:458 hit、昨日:515 hit、合計:340,350 hit

22 これがはじまり* ページ22

.





「「帰りに病院行こう!」」





 





体育の時間、サッカーをしていたジミンが、なんか足痛いんだよね、捻ったかな、なんて言うから、私とテヒョンは声をそろえて病院に行くよう勧めた。





 





JM「いや、大げさだよ」


「そんなことないよ!捻挫だったら湿布出してもらった方がいいし、万が一ヒビでも入ってたら大変じゃん!」


TH「そうだよジミン!」


JM「いや、湿布なら保健室にあるし…」


「「病院の湿布の方が効能がいいに決まってる!!」」


JM「えぇー、そんな違いある?」





 





結局ジミンが折れて、私たちは付き添って病院に向かった。





 





「大丈夫だよね、ジミン」


TH「折れてなきゃいいけど」


「歩いてるし、折れてはいないんじゃない?」


TH「そっか。じゃあ捻挫かな」


「だろうね」





 





ジミンを待っている間、私とテヒョンが話すのはジミンのことばかり。


ライバルだけど、ジミンの良さを1番分かってくれるのはテヒョンで、テヒョンとジミンの話をしている時が1番楽しかった。





 





TH「そういやさ、もうすぐバレンタインじゃん。今年もあげるんでしょ、ジミンに」


「当たり前じゃん。テヒョンにもあげるよ」


TH「俺クッキーがいいな」


「いや、ジミンはチョコがいいって言ってたからチョコ」


TH「あっそう」





 





私の中での優先順位も変わらずジミンが1番で。


それでもテヒョンとの距離も前よりは縮まっていた気がする。





 





TH「あ、ジミン!」


「おつかれ!どうだった?」


JM「…あ、うん。たいしたことないって!」





 





そう言って私の大好きな笑顔を浮かべるジミン。


この時少しだけ感じた違和感をそのままにしたことを、私は後々後悔することになる。





.

23 どうしても許せないの→←21 彼が思い出になるまで



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (353 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
664人がお気に入り
設定キーワード:BTS , テヒョン , 防弾少年団
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

緋夏(プロフ) - きむみんじさん» ありがとうございます(´;ω;`)そんな嬉しいコメントを頂けるなんて…!とても幸せです(´∀`*)みんな大好きなので、その思いを感じていただけて良かったです!ありがとうございました! (9月19日 11時) (レス) id: 1a4eb51f6c (このIDを非表示/違反報告)
きむみんじ(プロフ) - 遅ればせながら……重い題材を扱いきれてるところ。。。文章力がすごすぎます! 誰の思いもないがしろにしないところ、登場人物への愛着を感じました。素敵なお話ありがとうございました! (9月19日 7時) (レス) id: 0cae345439 (このIDを非表示/違反報告)
緋夏(プロフ) - みいさん» こちらこそ読んでいただけて幸せです(´∀`*)号泣してくださるなんて…!!ありがとうございました! (9月13日 8時) (レス) id: 1a4eb51f6c (このIDを非表示/違反報告)
緋夏(プロフ) - 轉さん» わあ、私のお話で感動していただけて私が感動です!!ありがとうございます(´;Д;`) (9月13日 8時) (レス) id: 1a4eb51f6c (このIDを非表示/違反報告)
みい - 号泣です。こんなに素晴らしい作品を、読ませていただけて、幸せです。 (9月10日 16時) (レス) id: 7b5dea59e2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:緋夏 | 作成日時:2018年3月28日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。