検索窓
今日:6 hit、昨日:39 hit、合計:1,981 hit

2話 ページ3

you side


時は飛んで雄英の護衛が始まる日。




相澤「えー、という事で、今日から護衛が入る」

「「「護衛⁉︎」」」

相澤「ああ。」

『………』ゲンナリ


廊下からも聞こえる、鬱陶s………元気な声
これからあいつらを護衛すんの?めんど………


相澤「じゃあ、よろしくお願いします」

ガラッ

『……はい、ご紹介に預かりましt』

「「「美人さんだ‼︎」」」

『………チッ』←

肌ピンク「え、めっちゃ綺麗なお姉さんじゃん!」

ぶどう「ボンキュッボン……」

チャラ男「え、お姉さん名前は?」

カチカチ頭「個性は何すか?」

委員長っぽい「おいみんな!一気に聞いてしまっては駄目だろう!」

『………』(真顔)


本当にこいつら高校生か⁇
ノリが小学生なんだけど……ホント無理


『……えーっと、芦戸さんに峰田さんに…上鳴さんと…切島さん飯田さん…ですか?』

「「「‼︎」」」

切島「はい!」

『五月蝿いです、黙ってください』

「「「………え?」」」


や〜っと静かになったわ……←
というか想像以上にめんどくさそうな任務じゃない?コレ…


『ヒーローの卵たちの護衛?だっけ……なんかそんな任務で来たけれど、
 君らと仲良くする気も無いし、この仕事ダルいんで必要最低限しか働く気は無いので。』

飯田「は、」

『ああ、自己紹介でしたね。』

『苗字 名前です』

シーーーーーーーン

「「「…………」」」

『……じゃ、早速授業始めてもらって』

相澤「いや、1時間目は苗字さんへの質問などをとる時間なので、引き続きお願いします」

『……え〜…』


もう一度1ーAの方を見ても微塵も動いていない。
この状態でどうしろと⁇←(原因)

続く お気に入り登録で更新チェックしよう!

←1話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.0/10 (25 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
36人がお気に入り
設定タグ:ヒロアカ , 文スト , 逆ハー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

猫のお餅┏( .-. ┏ ) ┓(プロフ) - トオさん» コメントありがとうございます‼︎はい、今作ではナマケモノみたいな夢主ちゃんを書きたかったので〜!頑張ります! (9月5日 14時) (レス) id: c58d523dd8 (このIDを非表示/違反報告)
トオ(プロフ) - わぁ。タイトル回収やな、性格がwwwでも面白い!続き待ってます❣️ (9月5日 14時) (レス) @page3 id: 2ae71c88aa (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:猫のお餅 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2022年8月27日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。