占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:11,526 hit

ページ14

.









「……先生、見てくれてた?私のジュリエット」



──劇が終わり、衣装を脱いで、化粧も落として。制服になった私は、化学準備室へ向かった。化学準備室周辺には何もないから、まだまだ文化祭の最中だと言うのに辺りは静かだ。

どうせここに居るんだろう、そんな私の予想は見事に当たって。何もせずに天井を仰いでいた先生は私の方を見て“見てたで”と微笑んだ。





「なんか、Aって感じのジュリエットやったな」

「褒めてる?それ」

「んー、どうやろうね」



“褒めてるってことにしといてぇや”とくすくす笑う先生に私は少しイラッとして、背中を軽く叩く。

いったいなぁ!と背中をさする先生に笑えば、先生もまた笑う。



……嗚呼、幸せだ。今、すごく幸せ。この幸せがずっと続いてほしい。

でも、それは無理な話。



「……ここに来るのも、今日で最後だから」

「……うん」

「だから……お願い、先生」





“キスして、今すぐに”


いつかの日みたいに先生の膝を跨いで、肩に手を置いて。目をまっすぐ見つめて、私はそう言った。



「……来世で、なんて言うてたのにな?」

「言ったけど……でも、それまで待てるように心の拠り所が欲しいの」



ぎゅ、と先生の肩に置いた手に力が入る。

来世で、なんて……本当に綺麗事。物語でしか成り立たない。現実は、そんなに甘くないから。

先生が私以外の人に心を惹かれることがあるかもしれない。私だって、可能性はゼロじゃない。もしかしたら先生以外の人を好きになるかもしれない。


──だから、この心が揺らがないように……誓いの口づけを交わしましょう。




どちらからともなく重なった唇。離れてはくっついて、また離れて。お互いの熱が分からなくなった頃、ようやく唇が離れた。

息を切らしながらも、私は先生に“誓ったんだからね”と抱きついた。



「……他の人のところ、行かないでね」

「分かってる。……Aも、俺のことだけ考えててな」


背中に回ってきた先生の大きな手に、私は抑えていた涙が出そうになる。先生から体を離し、左手で涙を拭う。

泣かない。泣くもんか。……今耐えたら、ハッピーエンドが待ってるんだから。


「……じゃあ、私……もう行くから」

これ以上ここに居たら、きっともう離れられなくなりそうだから。くるりと扉の方へ体を向けて、私は先生の方を振り向かずに廊下へ駆け出した。









「───さよなら、先生」









.

*→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (41 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
37人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , センラ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:きゃろっと。 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2018年10月3日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。