占いツクール
検索窓
今日:96 hit、昨日:62 hit、合計:31,913 hit

第8話 ページ9

明日からゴールデンウィーク。
私の家で勉強合宿みたいなのをするらしい。

教える側→私 まりん ふみろく *sile まさと
教わる側→ハネル 芝健 カナタ

という感じで別れた。
学校が早く終わり、皆それぞれ家に戻って荷物を持って私の家に来る。
部屋の掃除でもしとこ…

ピンポーン

なんか鳴ったぞ今。


「はーい」
sile「来たぞー」
まさ「やっほー」
「あっ…どうも。中に入ってください」

数分後にまりん君とハネル君が到着
その2分後にふみろく先輩とカナタ先輩が到着
あれ?健君は?


まり「あいつ…とことん方向音痴だからなぁ」
まさ「やっぱ一緒に来た方が良かったかな」
カナ「覚えてるだろ…流石に。俺でも覚えてたし」
ふみ「それは俺がいたからな」
sile 「…たく。迎えに行ってやるか。行く人ー」
「行ってもいいですか?」
全員「むしろ行け」
「あ…はい」


そして、私と*sile先輩とまさと先輩(←保険)で迎えに行った。
そしたら案の定。
普通に迷っていた。
もう…側から見たらおかs((殴


まさ「おーい!健くーん!」
芝健「お!まさと!…と*sileと…あなた…」
「心配したじゃない…」
芝健「えっ…心配してくれたの?////」
sile 「って言いながら近寄るな。不用意にべたべたすると呆れられるぞ。今は良いかもしれんが、後々になって嫌われる可能性も無くは無いぞ」
芝健「sile…冷たい。厳しい」
「本当のことを言ってるだけだと思うんだけど…」
芝健「まさとぉ」
まさ「うん。常識」


なんて話ながら家に戻った。
帰ってくるなりまず、まりん君とふみろく先輩からの説教が始まった。
それを横目に見ながら他のメンバーで机を出して並べたりした。
紙コップと取り出してそれぞれジュースを出した。
皆ちゃんと名前を書いていた。
そりゃあ…当たり前か。
そして、勉強会が始まった。
皆黙々としている。
やっぱ…イケメンだなぁ…
いや…黙ってたらイケメンか。

pm18:30

7時に近くなったので、勉強をやめ夜ご飯やお風呂などの準備をした。
夜ご飯は私と*sile先輩することになった。
若干、健君が妬いていたけど
まぁ…そんなの気にしない。
簡単にカレーで良いとなりカレーを作った。
皆美味しいと言ってくれてとても嬉しかった。
順番にお風呂に入り、布団を敷いて(私は部屋のベッド)寝た。
明日も色々と大変だな…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

羨ましい…(二度目)

第9話→←第7話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (23 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
65人がお気に入り
設定キーワード:アナタシア , 芝健
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

しずく - 海乃さん返信ありがとうございます。芝健さんの最後は…お仕置きと言う名のお説教でしょう…お説教…?だと…思います。(←おいw) (8月7日 17時) (レス) id: acdf10f04b (このIDを非表示/違反報告)
海乃 - しずくさん» ありがとうございます!相変わらず面白かったです。最後芝健さん怖い…… (8月7日 10時) (レス) id: 282d2eabe1 (このIDを非表示/違反報告)
しずく - 海乃さんリクエストありがとうございます。それは楽しそうなドッキリですねw凄く壮大なものになると思いますw是非作らさせてもらいます!いつも見てくださってありがとうございます。 (8月6日 20時) (レス) id: acdf10f04b (このIDを非表示/違反報告)
海乃 - 伝わってなかったらごめんなさい。 (8月6日 15時) (レス) id: 282d2eabe1 (このIDを非表示/違反報告)
海乃 - リクエストです。夢主ちゃんとまりん君で芝健さんに夢主ちゃんが本当はまりん君が好きで、まりん君に告白されたから別れてほしいっていうドッキリを仕掛けてるのが見たいです。 (8月6日 15時) (レス) id: 282d2eabe1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:しずく | 作成日時:2019年3月3日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。