占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:3,664 hit

88_傘村折心【世界で救われたい】 ページ46

此処から抜け出すなんて、そもそもできるのかな。

だって、考えてみればこの家の出入口って何処?

少なくとも、オズは知らない。

そりゃまあ、監視員が出入りしてるって事はあるんだろうけどさ。

オズ達の周りには常に監視カメラがあって、それを通して此方側を覗く"監視員"という存在がある…それ自体が不自然。

もう慣れちゃったからすっかり感覚が何処か狂ってるかもしれないけど、思い返してみれば率直に言って出られるかどうかすら分からない。

そこまで厳重にして見張りを続けているんだし、外に出られないよう何かしら仕掛けや小細工をしているかもしれないし。

皆が出るって言うなら付いていくけど…過半数が不安な様なら、此処に残る事を意見する。

少なくとも不自由はしていない。見られるのは何か癪だけど、閉鎖的な空間と引き換えに生きていける事が保証されるなら別にいいじゃないか。

仮に出られたとして何になるかも、どうするべきかも、そもそもこの家の外がどうなっているかさえ分からないっていうのに、無理する必要は無い。

今は反対するって明確に言い切れる程じゃないし、ただ不安なだけ。

でもだからこそ、今の段階では零くんの提案に乗れない。

下手に何とかしようとして、その時(・・・)が来たら…もう遅いんだよ。

これが、オズが思うところの全て。

…って、あれ?ねえ。ねえってば。


*

「聞いてるの?エルイくん」

名前を呼ぶと、目の前の彼は一瞬はっとした様子を見せてから笑顔を浮かべた。

「あ、ごめんね。聞いてたよ」
「本当に?怪しいなぁ」

訝しげに彼の顔を覗き込んでから「ていうかさ」と再び口を開く。

「エルイくんでしょ。オズの意見聞きたいって言ったの」

零くんの話を聞いて、思った事を聞かせてほしい。

エルイくんにそう言われて、自室に向かっていた所でまたリビングへと踵を返して来たと言うのに。

「本当にごめんね。君の深刻そうな表情があまりにも醜(美し)くて」

ごめんと言いつつ、エルイくんは相変わらず笑顔のままだ。

悪びれた様子なんて露ほども感じない。

「あーあ、なんか拍子抜けしちゃった。せっかく人が話してたのに」
「そう言わないでよ。何も、全く聞いていなかった訳じゃない。オズくんはあまり乗り気じゃないんだね」

「そう」と返事を返してから、立ち上がる。

「オズ、くたびれちゃったからもう行くよ」

エルイくんの返事も待たず、廊下へと出る。

さて、これからどうしようかな…。

89_宮崎零 【世界を救いたい】→←87_続き



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (13 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
8人がお気に入り
設定キーワード:募集企画 , 小説
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ニャ助(プロフ) - 更新しました。こんなに短くてすみません(><) (5月4日 11時) (レス) id: 636a33148d (このIDを非表示/違反報告)
ニャ助(プロフ) - お久しぶりです!最近更新出来ずすみません…!更新してきます! (5月4日 10時) (レス) id: 636a33148d (このIDを非表示/違反報告)
(=゚ω゚=)にゃあ - 更新しました。 (3月23日 15時) (レス) id: 91777e8ddd (このIDを非表示/違反報告)
(=゚ω゚=)にゃあ - 更新します。 (3月23日 14時) (レス) id: 91777e8ddd (このIDを非表示/違反報告)
春雨(プロフ) - 更新しました!オズはまだ行く先決まってないので、使って話を進めてもらって構いません! (3月21日 23時) (レス) id: 55d503be78 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:製作者一同 x他7人 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2020年2月11日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。