占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:5 hit、合計:26,182 hit

第6話 『友達 その  ページ8

おかしい。

何かがおかしい。

さっきからなーんか、違和感を感じる

「んー?んー………」

キョロキョロと周りを見渡していると「おい」と後ろから声をかけられた

「わっ?!はっはい、なんだ?」

振り向くと1人の男が立っていた

(こんな、原作キャラはいなかったよな。普通の人間か?)

「お前ってもしかして普通科に通うのか?」

「え?あぁ、うん。そうだけど」

「じゃあ教室はこっちじゃなくてあっちだぜ。こっちは特殊科」

「…えっ!?」

俺は急いで校内地図を開く、確かにここは特殊科の校舎だ。

さっきから感じていた違和感はこれか……!!

「まっ間違えた!……って君は特殊科なのか?」

「あ…いや、俺も実は間違えてよ…地図も無くしたから同じ普通科のやつが紛れてないかな〜と思って、ここら辺を歩き回ってたんだよ」

男はバツの悪そうな顔をして�を掻いている

「そうなんだな、じゃあ俺の地図一緒に使うか?」

俺がそう言うとパァっと顔を明るくして「ありがとな!」と言った

くっ……!精神年齢20後半の俺には眩しすぎる笑顔だッ……!!

「あっそうそう、俺の名前は斎藤 春樹(さいとう はるき)お前は?」

「俺は佐藤 Aよろしく」

俺の平和な学園生活の第一の目標…!

友達を作ること!
友達がいなくてお昼をボッチで過ごすのはモブとは言えない!

これが早々に達成できたのは良かった

ここだけの話、周りの人たちが幼稚園→小学校→中学校→高校 と来ている中俺は、違う所の中学校から来たから友達0人だ。

「おう!よろしくなA!じゃあ早く行こうぜ!」

「あぁ」

このあとはなんの変哲も無い世間話をしながら斎藤と教室へと急いだ。









「承太郎、どうしたんだ?」

「いや……なんでもねえ」


・〜・〜・〜・〜・〜・〜

hit数 100超え&お気に入り登録ありがとうございます(⑅●ᴗ●⑅)Ʈɧaɲқ ყoʋ ♡

第7話 『友達 その◆戡←第5話 『ハンカチ』


ラッキーアイテム

足跡


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.9/10 (65 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
75人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

人力車(プロフ) - 丹華 蓬@沼暖かいさん» ありがとうございます( >▽<)ゞ 携帯が調子悪くてDSやパソコンからの更新になってしまって前よりも更新が遅くなってしまうかも知れませんが、お付き合いください! (10月5日 20時) (レス) id: 60356de8e5 (このIDを非表示/違反報告)
丹華 蓬@沼暖かい(プロフ) - 今回も面白かったです、無理しない程度に頑張ってください。 (10月5日 20時) (レス) id: 3fce7d89ee (このIDを非表示/違反報告)
人力車(プロフ) - 丹華 蓬@沼暖かいさん» ありがとうございます笑!これからの展開を楽しみにしているあなたのためにも、頑張ろうと思います! (9月25日 22時) (レス) id: 60356de8e5 (このIDを非表示/違反報告)
丹華 蓬@沼暖かい(プロフ) - 人力車さん» いい展開になって来ましたね、次回が楽しみです、無理しない程度に頑張ってください。 (9月25日 19時) (レス) id: 3fce7d89ee (このIDを非表示/違反報告)
人力車(プロフ) - 丹華 蓬@沼暖かいさん» いつもコメントありがとうございます!!前より少し更新ペースは落ちてしまいましたが頑張ろうと思います! (9月22日 16時) (レス) id: 9f1d144e77 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:人力車 | 作成日時:2019年8月17日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。