占いツクール
検索窓
今日:79 hit、昨日:297 hit、合計:143,811 hit

番外編【轟】 ページ48

.


.







『なるほど...!障子くん強そうだもんな』


あの時のその言葉に、何故かイラつきを覚えた。






.


.




**


主人公side







『.....』





いや何この気まずい状況は。








私は普通に登校してきたはずなんだけど。


なんで登校時間かぶるんですか




...よりにもよって轟くんと。






今のところ轟くん怖いから関わりたくない。


これなら爆発少年の方がまだマシ。

.....多分。









いや、待てよ。


言ってなかったけど轟くんが前を歩いてて私が後ろを歩いてるから、轟くんが私に気づかなければいい話だ。


うんうん、まだ希望はある────!









「おっ!羽平じゃん!はよーーー!
あ、轟も!」



おいバカ、誰だよ私の計画ぶっ壊したのは。






「.....」



轟くん振り返っちゃっただろ!!





「無視とか酷いぜ羽平〜」

『き、りしまくん...ご、ごめんね』

「いいぜ!轟もはよ!」

「...おう」




グッ.....!!

上鳴くんならどうにか言えたけど切島くんに文句は言えない.....!いい子だもん.....!!



「じゃー俺急ぐから!また教室でな!」

『えっ、まっ...!』






轟くんと2人にするなーーーー!?


切島くんが轟くんも呼んだことで今並んで歩いてたんよ!?

放置されたら轟くんと2人で行かなやん!?(焦りにより方言連発)




変な汗が出そうになりながら恐る恐る隣を見ると、轟くんは普通だった。

それにやはりイケメンである。



...ってそうじゃなくて。







『きりしまくん.....』


...心細い。

君のようなコミュニケーション能力の高い男子は私に必要です.....。

I need Kirishima.....


英語これで合ってるかわからんけど...








「悪ぃ。」

『.....ほ?』

「切島じゃなくて悪ぃ」

『エッ、』



うわああああああ!?(混乱)


ご、誤解を解かねば!!









『ち、違うよ!!?
轟くんも好きだよ!!!!』








**






「...羽平さん?
机につっぷしてどうしたの?」

『みどりやくん...わたし相当恥ずかしいことしてしまった.....』

「エッエエッ!?」




【〜完〜】
※お話はまだまだ続きます

続編のお知らせ→←番外編【尾白】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (86 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
215人がお気に入り
設定キーワード:ヒロアカ , MHA , 原作沿い   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あか | 作者ホームページ:http:  
作成日時:2018年7月29日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。