検索窓
今日:6 hit、昨日:0 hit、合計:1,743 hit
“たすけて”







────ヒーローは、どうして私を助けに来てくれないの?



声が枯れるまで叫んだ。

何度も助けを求めた。



それでも、ヒーローは助けに来なかった。

オールマイトですら、私を助けてはくれなかった。





ああ、誰も私を助けてはくれない。





私はその時、理解したのだ。


ヒーローはいつでも、どこでも、誰でも、助けてくれる訳ではないと。

そう、とても単純で簡単なことだったのだ。


私はヒーローに選ばれなかった。

私はヒーローに助けてもらえる人間ではなかった。


ただ、それだけ。





───────そして私は貴方の悪意に魅せられた。









・・・・・

○轟焦凍・荼毘贔屓逆ハー(愛され)
(落ち未定)
○原作+オリジナル執筆状態:更新停止中








おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (6 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
7人がお気に入り
設定タグ:僕のヒーローアカデミア , 轟焦凍 , 愛され   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:女王蜂 | 作成日時:2018年5月4日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。