占いツクール
検索窓
今日:133 hit、昨日:306 hit、合計:528,751 hit

37 ページ37

業『大丈夫か!?っおい、A…!』



業が駆け寄ってくるのがわかる。



…何、ちゃっかり避難してんのよ……。



そんな風に怒る気力が今は無い。



顔を左右に振ると、沢山の人が倒れていて。



後から来た莉桜や有希子ちゃん、凜香が他の女子に駆け寄っていて、渚、岡島くん、菅谷くんや吉田くんが磯貝くん達男子に駆け寄っている。



近くに見えた愛美ちゃんは呆然と突っ立っていた。



愛美ちゃんは…無事、なのね…。



「っ…わ、たしは大丈夫…。だからっ…!」



業の手を借り、立ち上がる。



大丈夫だと言いながらもボロボロだ。



…正直言うと、キツイ。



だけど私がへばってちゃ人手が足りない。



業『ちょ…!』



「業…何か案、あるんでしょ…。早くそれを実行して…。ヒントはもう良いから、早くっ…!」



業『…分かった。』



業の背を押し、橋本の方へと足を動かす。



凜香『ちょ、A今は…!』



「業が、何かしてくれるからっ…守らないと…。」



ハンドガンを必死に構え、弾を撃つ。



渚もその姿を見て手伝ってくれた。



早く、時間を稼がなければ…。



フラフラとした体で攻撃を加える。



だけどもう体力は残っていなくて、飛んできた触手避ける暇も無く再び叩かれてしまった。



…かる、まは……。



愛美ちゃんの方を見ると、業が愛美ちゃんに近づいて肩を掴んでいるのが見える。



他の皆もそちらを見ていて。



何があるのか、と思っていると業は愛美ちゃんの唇に自らの唇を落とした。



…キス、だ。



もしかしたら業はヒントとして10年前の渚の行動を言おうとしたのかもしれない。



確かにカエデはあれで正気に戻った。



莉桜『…!あららー。』



愛美『っん…ん……?』



業も愛美ちゃんももう大人だ。



中学生の渚達とは、違う。



愛美『っ…んんっ…!?』



業は本当にどれだけ私を惑わせれば気が済むのだろうか。



業『…は、奥田さんもう戻ったでしょ。』



愛美『か、るまくん…?』



業『詳しい事は後だ。あの怪物を倒せる薬、作れる?』



愛美『え…あ、う、うん!任せて!』



愛美ちゃんは元に戻ったのか、竹林くんと山を降りていった。



2人が居るならすぐに出来てしまうだろう。



戻ってきた業を莉桜がいじる。



オラオラー、と肘でつついていた。



それを軽くあしらった業は私の方へと近付いてくる。



私はどうしても彼の顔を見れなくて、無視を決め込んだ。

38→←36



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (499 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1522人がお気に入り
設定キーワード:暗殺教室 , 名探偵コナン , 赤羽業
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ヒヨコ(プロフ) - ホントにおもしろかったです!次の作品も楽しみにしてます! (6月14日 19時) (レス) id: a71ea1e4cf (このIDを非表示/違反報告)
白狐(プロフ) - 夢主のファーストキスってビッチ先生なんじゃ (6月1日 18時) (レス) id: 348cf1e7b1 (このIDを非表示/違反報告)
Mocha(プロフ) - 面白かったです! (5月13日 21時) (レス) id: 87128bc86a (このIDを非表示/違反報告)
くるみっこ - あのすみません、16の、カルマのセリフの「どうやらちがうみたい」が「どうやるちがうみたい」なってますよ。 (5月5日 17時) (レス) id: 65e7743a54 (このIDを非表示/違反報告)
printemps(プランタン)(プロフ) - *利茄*さん» 何の小説ですか?題名、教えて下さい! (5月4日 12時) (レス) id: a86d5a1323 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:セツ | 作者ホームページ:   
作成日時:2020年4月3日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。