占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:10 hit、合計:3,782 hit

22日目 ページ2

.
カントー地方から飛行機で数時間
ガラガラとキャリーケースを引きながら私はアローラに足を踏み入れた

「ん〜やっと着いたー」

カントーの夏の暑さとはまた違った暑さがここはアローラだと教えてくれる

「えーと…まず行かないといけないのは…」

新しい地方、まだ見ぬ人達、ポケモン達にトレーナー心が疼く
落ち着く為にひとつ深呼吸をし歩き出そうとすると

「あーいたいた。おいA!」

聞き覚えのあり過ぎる声に振り返るとそこにはカントーに居るはずのグリーンとレッドが居た

「“え…なんでここに”って顔だな」

はははっと、してやったり顔でこちらを見やってくる

「お呼びがな、かかったんだよ。この俺様とこいつにな」
「なるほど…」

(アローラ出張が急すぎて2人に連絡し忘れていたけど結果オーライな感じかな…)

少なからず不安を抱えていた私はホッと心の中で息をついた

「…そろそろ行こう…ほら、Aも」
「え、わ、私も?私は仕事で…」
「…?仕事ってアローラでの僕の取材だって聞いてたんだけど…他に別の仕事あるの?」
「そうなのか?」

レッド達との話の食い違いに困惑していると着信を知らせる振動が伝わってきた
見てみるとそれは先輩からで

『そうそう言い忘れてたんだけどアローラでの取材ってレッド達の取材のことだからね〜彼らには伝えてあるのでよろしくね』

てへぺろと後に付きそうなメールに言葉を失っていると

「お、やっぱ取材って俺らのだったんだな!」
「じゃあ、行こう…A」

メールを見たらしい2人が声をかけてくれる
その声に応え満面の笑みを浮かべ

「…うん!」

そう言って、一歩踏み出した

23日目→←登場人物



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (32 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
72人がお気に入り
設定キーワード:ポケモン , pixivレッド , 夢小説
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

星宙?.*˚(プロフ) - とても面白いですね…!続きが気になります!レッドさんと夢主ちゃんとてもお似合い…!更新大変かと思いますが、頑張ってください! (1月13日 12時) (レス) id: 023b61331c (このIDを非表示/違反報告)
よもぎ(プロフ) - 鈴松しおん@誤字り姫@受験fuc○さん» コメントありがとうございます!レドイエお好きなんですか!同士ですね(・∀・)ニヨニヨ読んでくださりありがとうございます! (12月19日 14時) (レス) id: 28f740d334 (このIDを非表示/違反報告)
鈴松しおん@誤字り姫@受験fuc○(プロフ) - ファー!尊い!レドイエ好きなんだけど夢主ちゃんとレッドも良い!最高っすね! (12月13日 21時) (レス) id: e085487720 (このIDを非表示/違反報告)
よもぎ(プロフ) - エユ(このみ☆)さん» コメントありがとうございます!!そう言っていただけて嬉しいです!これからもっと2人の距離を縮めていけたらなぁなんて考えてますので楽しみにしてください! (8月12日 23時) (レス) id: baad30bb42 (このIDを非表示/違反報告)
エユ(このみ☆)(プロフ) - 凄く面白いです!なんというか…2人とも可愛いです(^^)グリーンさんは…ドンマイです(笑)これからも、無理しない程度に頑張ってください! (8月4日 19時) (レス) id: 565c3a754b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:よもぎ | 作成日時:2019年1月14日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。