占いツクール
検索窓
今日:17 hit、昨日:102 hit、合計:53,078 hit

ページ18

片寄涼太side






今日は、音楽番組で





新曲を披露する





まぁ、何度かパフォーマンス



したことはあるんだけど…






最近、特に声が出難い




1人でボイトレしてる分には



出るし、調子良いんだけど





龍友君とあわせると





何だか、気を使っちゃって…




緊張ばっかして…




龍友君と比べられるのが嫌で




自然と避けるような




歌い方に



なっちゃうんだ…






そして、悲劇は起きた





本番前、あまりの緊張と



プレッシャーで、お腹が痛かった








案の定、遂に声が出なくなった







泣きそうな気持ちを抑えて






残りのパートを噛み締めて歌った





お腹を抑えながら、楽屋に戻った







龍「涼太、お疲れ様!

大丈夫か?」








「はい、すみませんでした」







龍「いや、でもあそこ以外

全然良かったよ!!」







「すみません…苦笑」






玲「よく、そんな

ヘラヘラできるね

何か、涼太君

変わっちゃったね…

何もしないでも

仕事貰えるからって

調子に乗ってるんじゃない?」







「いや、そんな事は…」






亜「涼太さ、本業わかってる?」







「うん、、」







裕「もうちょっと

ちゃんとやってくれても

ええんやないか?」






メ「そうだね!」







隼「パフォーマンスは

はっちゃけちゃいましょうよ!

王子なんか捨てて!笑」







「…ごめんなさい

俺、皆に迷惑しかかけてないね

ごめん、ごめんなさい」







俺は、痛みが限界に来てて

楽屋から出て医務室に行った






医「涼太君、落ち着こうか

深呼吸して」








「あ、はい…スーハースーハー」







医「ベッドに横になろう

少し、話そうね」







「はい…」







医「点滴しても良い?」







「あ、お願いします」






点滴をして暫くすると






医「正直言って

何に追い込まれてる?

追い詰められちゃってるよね?」








「…はい

俺、実は____です

ずっと、思うように歌えなくて

練習しても、それを言わないから

サボってるってメンバーからも

怒られちゃって…

でも、練習してるって言って

歌って、皆から

練習してるの?って

思われるのが怖くて…

何も言えなくて…

皆と、溝ができちゃって

笑うのキツくて…

1人の時は、歌えるのに

一緒になると、怖くて…

歌えなくて」







初めて、弱音を吐けた気がした

▼→←▼



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (152 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
385人がお気に入り
設定キーワード:GENERATIONS , 片寄涼太 , 数原龍友
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あやれお - いつも更新楽しみにしてます!DREAMERSのパスワード知りたいです! (9月20日 22時) (レス) id: 6e5bc93358 (このIDを非表示/違反報告)
あさ(プロフ) - DREAMERSのパスワード知りたいです…!いつも、面白い作品を書いてくださりありがとうございますっ!これからも、応援しています! (9月20日 11時) (レス) id: 36541a6451 (このIDを非表示/違反報告)
りなg(プロフ) - DREAMERSのパスワード教えてもらえますか?いつもお話楽しみにしてます!! (9月19日 22時) (レス) id: 12a3518566 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:lolww | 作成日時:2019年7月22日 4時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。