検索窓
今日:2 hit、昨日:0 hit、合計:1,100 hit
| CSS .

『幸せになってほしいんだ、誰よりも』
『生まれ変わったら……アンタみたいに自由に生きたいな』
『生きたいか、人間?』
『いつだって人間を陥れるのは人間さ』
『分からない……だけど悲しいんだ。涙が止まらないんだ』
『昔のことなんて、覚えていない。覚えているのは何かに対する憎しみだけだ』

事の全ては、あの日――太陽が消え、真っ暗闇に落ちたとき。

『――いつか、夜明けが訪れるその日まで』


軍人×悪魔×呪いつき



***

企画始動日→6/10日始動
→本企画ページは明日作成いたします。
 

【3L】天明の翼【選考型募集企画】

企画ページ作成しました。皆様ご参加お待ちしてます。


初めまして、白桃です。
軍人×悪魔×呪いつきというのをテーマにした募集企画です。人数がある程度集まり次第、本企画を始動したいと思っています。。

副主催は締め切りました。ありがとうございます。

◼️link
CSSはこちらからお借りしました。
◼️お知らせ
参加希望ボードを作成しました。
参加希望ボード

どれだけの人が参加しているのかを把握しておきたいためもし、参加希望をすでに決めている方は、コメントしていただけたら幸いです。

目標のお気に入り登録10人になりましたので、企画始動が決定致しました。企画始動日はまだ未定ですが、決まり次第ご連絡させて頂きます。

◼️世界観(本編ストーリー)
1000年以上前に太陽が消えた日輪と呼ばれる国が舞台。日輪と呼ばれる国を治め、治安を守る軍部。
人ならざる者と呼ばれる悪魔。
そして人間にも悪魔にもなれない呪いつき。
ーーその三陣営が暮らす国に《陽炎村》と呼ばれる悪魔達の住む村が存在した。そこに住む悪魔と落ちこぼれや異端児と言われた夜桜と呼ばれる軍部のメンバーとそして、呪いつき達が繰り広げる物語の予定です。


→世界観は多少の変更はあるかもしれません。

◼️用語
▶︎日輪
舞台となる国名。海に囲まれた島国。1000年以上前に悪魔との契約により夜が明けない国となった。その代わり、悪魔によって国は、諸外国から守られていると言い伝えられている。→海流が複雑なため船での渡航も不可。日輪の国の周辺は天気が変わりやすいため空からの侵入も不可能。まるで何かに守られているようだ、と。なぜ悪夢と契約したかは、日輪は他国よりも鉱山資源が豊富な地域であったため、他国に侵略される恐れが常にあったため悪魔と契約したと伝えられている。真相は不明。→時代背景(雰囲気?)は、日本の大正時代あたり。史実とは全く異なるため史実はあまり気にしなくても大丈夫です。

▶︎軍部
日輪という国を治めている国の政府機関であり、国の安全を守るための保安部隊でもある。国の法律に関しても彼らが決めている。
四季家と呼ばれる一族たちにより軍部は成り立つ。軍部の本拠地は「帝都」(日本の東京)。中央である「帝都」で働く軍人は精鋭揃い。何かしらの大きな失敗を犯してしまうことで、中央から地方へ左遷されてしまうことがある。階級元帥、大将、中将、少将、准将、大佐、中佐、少佐、大尉、中尉、少尉、軍曹、兵曹、三等兵と階級が存在する。基本的に大佐から部隊の隊長を任せられる。元帥は基本的に四季家の中から4年に一度選ばれる。

▶︎軍部特殊部隊夜桜
軍部特殊部隊夜桜は、陽炎村に住む悪魔たちの監視のために作られた組織。表向きには知られていない組織であるため軍部の本拠地で働く軍人のみしかその存在を知らない。基本的には、悪魔達の監視、行動範囲の制限、人間が迷うこまないように近辺の監視、幻界と陽炎村を繋ぐ道の結界の監視、陽炎村の悪魔が悪事を働いたときの取り締まりを行う。→メンバーは優秀な人材……という訳ではなく、何かしらの問題を起こしたり失敗したりして中央から地方へ左遷された人や、軍人としての能力値が低い人間などの落ちこぼれやーー悪魔と契約した人間などが集まる組織。簡単に言えば面倒事を押し付けられた組織。だが、落ちこぼれのみでは、信頼できないため、中央から2名ほど派遣される。夜桜のメンバーは、悪魔と共に、陽炎村に住まなければ行けない。悪魔に真名を取られないようにするために名前から一文字取り、名乗るように定められた。

▶︎四季家
春、夏、秋、冬の名が入った日輪の国の軍部のトップ層の一族。彼らが日輪という国を牛耳っている。彼らの命令は絶対であり、逆らえば何が起こるかわからないと言われるほどの権力を持つ。元帥になれるのは四季家のみであり、特に四季の中で元帥になった事がある一族は春の一族。基本的に彼らは異端を嫌っており、悪魔(一部)と同盟は結んでいるものの、信用しているわけではないため、彼らの眷属(のちに説明)となった人間は隊務規定違反として処罰されることもある。→能力や家柄によっては、左遷だけで済まされる人間も存在するがごく僅か。後、契約した悪魔が高位の悪魔であった場合手を出すと返り討ちに合うため手出しができないため左遷だけで済むという例も一部だが存在する。

▶︎悪魔
悪魔は太陽の光を浴びると消滅してしまうため、契約で夜の国にしたと言われている。だが、太陽により消滅したという文献が発見されていないため事実かどうかは不明。契約により、日輪という国を守っているという伝承がある。真相は不明。国に住む人間達は悪魔の存在はあくまでも言い伝えと教えられるため悪魔が存在していると知らない。陽炎村と呼ばれている幻界と繋がっている村で暮らしている。夜桜と呼ばれる軍部特殊班により監視されており、共に暮らしている。悪魔と表記しているが、日本でいう所の妖怪の類。不老不死の存在とされていたが、近年研究が進み太陽のエネルギー(霊陽力)により、悪魔を倒せることが発覚した。唯一日輪が交易をしている国に太陽エネルギーを分けてもらい、その力を武器に転移させる、霊陽具を開発したことで至高と呼ばれる悪魔の最上級の強さを誇る悪魔達にも対抗できるようになった。悪魔には階級が存在し、上から至高、甲、乙、丙、丁、癸と分かれている。一番階級の上の至高と呼ばれる悪魔は四人しか存在しない。悪魔は至高〜丙までは固有の異能力を所得しており、呪いつきと眷属となった者は、至高〜丙の悪魔と契約した場合能力を受け継ぐ。

▶︎眷属
悪魔と契約した人間。あくまでも対等な関係ではなく、悪魔が上で人間が下。簡単に言えば従属関係。お互いの利害一致にならなければ結ばれない。眷属となった者は、契約した悪魔の能力を受け継ぐ事ができる。契約した人間は目や髪などの何処かしらの部分が、契約した悪魔の髪色や目の色などが受け継がれる。普通の人間では行く事ができない幻界の世界へ行く事が可能。眷属となれば、悪魔の魔力を定期的に摂取しなければ生きていく事ができなくなる体に変化する。そのため悪魔の一部を一定量摂取する必要がある。眷属は軍部にとってなってしまった場合処罰対象なため悪魔は契約者である眷属を守る代償としてあらゆる悪事への加担や、雑用などをさせられる。恐らく、喜んで眷属になる人間はいない。死ぬより恐らく苦痛の人生を歩むことになる。

▶︎呪いつき
悪魔に取り憑かれた元人間。悪魔にも人間にも属さない存在。悪魔に取り憑かれた瞬間から不老不死となる。死線を彷徨い、恨み、悲しみ、憎しみ、など強い悲を感じた人間が取り憑かれやすく、悪魔はその悲感情につけ込み、取り憑く。取り憑かれた呪いつきは、取り憑かれた以前の記憶は存在しない。眷属との違いは不老不死になる点と、呪いつきは悪魔に呪われており、体内に悪魔がいるというイメージ。悪魔によって操作されているみたいなイメージ。その呪われた人物の意志を介入しないが、眷属は悪魔でも契約で意志がお互い一致しない限り契約は結ばれないので、意志があるかないかも違いの一つ。呪いつきは一応元人間のため見分けがつけにくい。

▶︎陽炎村(かげろうむら)
悪魔と夜桜が住んでいる村。軍部の人間以外の一般市民は近づけないように、森の奥に村が存在する。悪魔達の本当の住処である幻界と繋がっている神社『陽炎神社』があり、その神社から村は名付けられた。

▶︎天明の翼
陽炎村にある一枚の絵。夜明けをバックに翼を生やした少女が描かれている。いつ描かれたものかは分かっていない。

▶︎幻界
悪魔達の棲家。人が立ち入れば姿形も残らない。浅層には低級悪魔が棲家にしているが、深層部へ行くほど、階級が高い悪魔の棲家となる。まだ謎が多い場所。

▶︎天明の一族。
詳細は本編開始後。秘匿HOなため、CS作成希望の方と副主催の方のみ詳細を本編開始前に開示します。

◼️募集要項

夜桜と悪魔、呪いつきを募集します。
本部の軍部や至高以外の悪魔に関しては本企画始動後募集を開始します。

HO1
→主人公。街の唯の鍛冶屋の見習いの少年(少女)だったが、妹(弟)が悪魔に襲われたことにより瀕死状態になり、それを助けてもらう代わりに悪魔と契約した眷属となった。
→夜桜に後所属。壱番隊所属予定。

✳︎夜桜✳︎

HO2
→夜桜 壱番隊隊長
階級 少将。中央から監視を命じられた監察官。本人は早く中央に戻りたいと思っている。だが、責任感が強くリーダーシップがあり実は仲間思いな一面も。

HO3
→夜桜 壱番隊隊員
階級 中佐。とある任務の失敗により中央から左遷された。秘密主義でサボり魔。
→白桃

HO4
→夜桜 壱番隊隊員
階級 中尉
心優しい性格だが、その優しさ故か人に刀を向けることを怖がっている。

HO5
→夜桜 弐番隊隊長
階級 少将
→面倒見がいい兄貴(姉御)肌。困っている人は放って置けない。
→ 十六夜紅葉@斎藤一推し様(副主催)

HO6
→夜桜 弐番隊隊員
階級 軍曹
主人公の前は1番の新人だった。元気で明るく、夜桜のムードメーカー。

HO7
→夜桜 弐番隊隊員
階級 大佐
四季家の名家の人間。優秀で10代でありながら大佐という地位にいる。真面目な性格だが、基本的に周りの夜桜メンバーを見下している言動が目立つ。

HO8
→夜桜 弐番隊隊員
階級 中佐
暴.力事件を起こしてしまい、中央から左遷された。怖い風貌で常に怒っているように見えるが、実際は恥ずかしがり屋なだけ。

⭐︎悪魔⭐︎

HO9
→至高の一人。主人公と契約をした悪魔。クールで無口。
男性キャラ
HO10
→至高の一人。飄々としていて掴みづらい。男性キャラ
(私のキャラクターと関係を結んでいただきたいためこちらのキャラを選んでいただいた方はメッセージにてご連絡します)
HO11
→至高の一人。陽炎村のリーダー。情報通で知的な女性の悪魔。いつもはおでん屋を切り盛りしている。女性キャラ。
HO12
→至高の一人。至高のメンバーの中で最も恐れられている。悪魔達の中でも厄災と呼ばれる。一見害がなさそうに見えて一番関わってはいけない悪魔。イタズラ好き。

♤呪いつき♤
HO13
→死に間際の覚えている感情は憎しみ。何かを憎んでいるため目的を定め、人斬りとして活動している。

HO14
→死に間際に覚えている感情は悲しみ。何かを悲しんでいる。その理由を知るために陽炎村を探している。

HO15
→死に間際に覚えている感情は快楽。好奇心旺盛な性格で、気になった物はなんでもしたくなる。

◼️参加条件
・ログインユーザーであること。
・荒らし行為などをした事がない方。
・最低限のマナーを守れる方。

→参加をご希望の方は私のボードまで一言くださるか、後にある程度のお気に入り登録があった場合雑多ボードを作成しようと考えていますので、そちらでご連絡いただければ幸いです。

◼️企画概要
この募集企画は交流をメインとしているため最低でも二人以上のキャラと関係を結んでもらいます。この企画はキャラクターのみの作成を許可しています。参加希望の際に本編参加有無を聞く際に無しにした方は、キャラクター作成のみでも構いませんし、派生作品などを作ってもらって大丈夫です。私個人としてはキャラ設定を見るのが好きなのでそういう方式にしてもらっています。キャラクター作成後関係を結ぶ、までが必ずやってほしい事です。その代わり本編でそのキャラを使用する許可をお願いします。本編は私だけにするか、皆さんでするかは決めていませんが、作成しようと考えています。ミナコイチャットなど皆さんで交流できる企画も考え中です。

✧ 最後に

ここまでご覧いただき、ありがとうございます。
枠の数が多く、人数が集まらかもしれませんが、企画が始動出来れば良いなと考えております。よろしくお願い致します。少しでも興味を持たれた方はお気に入り登録をお願いします。

ホムペを作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (15 票)

このホムペをお気に入り追加 登録すれば後で更新された順に見れます
10人がお気に入り
設定タグ:募集企画 , 事前告知 , 3L , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような占いを簡単に作れます → 作成

作者名:白城 | 作成日時:2023年6月3日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。