占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:0 hit、合計:1,513 hit
アンパンマンは困ってる人を助けてくれる。





«ねぇ………誰か………………»


«私のママの……病気を直して……»
少女「ママ、ママっ!!!」


少女は必死に呼び掛ける。ここ数日、病気で母は体調が悪い。まだ幼い少女にとっては辛いことだ。


ママ「ごめんねぇ……早く元気になるから………待ってて…?」


少女「っ…………うん!」ニコッ


作り笑顔に過ぎない、いつもいつも笑顔でいる少女には限界がきていた。


少女は「また来るね!」病室を出ると、パタパタと廊下を走っていく。


父もまた、1年前になくなっている。まだ小さいし、あまり記憶にはない…けれど……………


なにか、温かさが残っている。


少女「ママ………パパ…………」


親戚の家につくと、いつもこの調子だ。自然と涙が溢れてきてしまう。


親戚の人「ご飯よ〜!!!」


少女「っ……はーーーい!!」


誰にも気づかれず、誰にも心配をかけず…





そんなある日、少女はある本を病院で見つけた。少女は気になり本を開く。


«アンパンマン»……………


少女「パン………???」


読み進めていくと、困っている人を愛と勇気だけで助けているアンパンマンという人(?)がいた。


少女「…………っ!」


«正義のヒーロー アンパンマン!!»


少女「正義の……ヒーロー………?」


少女はキラキラと目を輝かせて、すぐにお母さんのもとへ飛んでいった。


少女「ママ!!!」


ママ「どうしたの……?」


少女「ママの病気、なおるよ!!!」





少女「うーん……どうすればいいのかなぁ。アンパンマン、飛んできてくれるかな?」


アンパンマンは架空の中のヒーロー。少女にはまだそんなことがわからない。


飛んでくるものだと、思っている。


少女「この中だと…名前を呼べば来てくれるんだ!!!よ、よーし……」


少女は思いっきり息を吸う。そして、今までにないくらい大きな声で呼んだ。


少女「アンパンマーーン!!!!」









?「…どうしたの?大丈夫??」


目の前に現れた。あの、アンパンマンが……。少女は目を見開き、喜んだ。


………展開が早すぎる。((


ア「僕はアンパンマン!」


少女「アンパンマン…本当に。あのね、お願いがあるの……」


ア「どうしたの???」


少女「アンパンマンは…困ってる人を助けてくれるんだよね?」


ア「うん!!!」


少女は一瞬だけためらい、重たい口をゆっくりと開いた。


少女「なら、ママを助けて……」


アンパンマンは思った。こんな幼い子の口から、そんな重い言葉が出るなんて。


少女「ママはね………病気なの。」


ア「そっか……だけどね…………」


ア「それは、無理だよ…………」


アンパンマンはためらいがちに答える。そうだ、いくらアンパンマンでも人の命を救うのは無理な話なのだ。


_たとえ、小さい子の夢を壊しても。


少女「な、なんで?!」


ア「まだ小さい君にわかるかどうかはわからないけど……人の命は重いんだ。」


少女「知ってるよ……?でもっ…」


ア「だから、無理なんだっ!!誰かがいきるには誰かが犠牲に…」


少女「っ…………」


少女は目から溢れる涙を止めることはできなかった。悔しかった。


ア「ごめんね………」



少女は何かをうつむいて考えていた。そして顔をぐるんと上に向けると笑顔でアンパンマンに言う。


少女「…………じゃあさ、私を犠牲にしてママを残したい。」


………アンパンマンは泣いてしまった。生まれてはじめて泣いた。こんな小さい子に泣かされた。


__こんな小さいこの愛は、とてつもなく大きいことを知った。


ア「………わかったよ。」


少女「!!!!!!!」


ア「僕が、どうにかして君のお母さんを生き残らせてあげるよ。」


少女は何か違和感を感じた。何か…何かがひっかかってしまう……。


でも、それよりも嬉しさがかってしまい「ありがとう!!」という。


ア「じゃあ、僕はもとのところに帰るね。」


少女「うん、バイバイ!!!」


アンパンマンは一瞬、悲しそうな嬉しそうな顔をしていなくなった。





次の日、幼稚園にいくとみんながアンパンマンの話をしていた。


こんなにみんな話してるのに、なんで気づかなかったんだろうと少女は思った。


少女「昨日、どうだったの?」


みんなが悲しそうに話してたから、ついつい聞いてしまった。


「あ、うん…アンパンマンがね……」


少女「アンパンマンが………?」


「……死んじゃったの…………。」


そういってその子は泣き出した。なんかよくわからない気持ちになった。


アンパンマンが………死んだ?


先生「……………?」


少女「あ、先生……………」


先生「アンパンマンってなぁに?」


少女「っ!!!!!」


先生はアンパンマンを忘れていた。みんなもだんだん忘れていっている。


それどころか、«バイキンマン»というアニメのタイトルに変わっていた。


少女「アンパンマン…………」


先生「そうだ、お母さんを元気になったみたいだよ!よかったね!!!」


少女「お母さんが?!」


少女はアンパンマンが消えたことなど忘れ、ただ純粋によろこんだ。





ア「なぁ…バイキンマン………」


バ「ん?どうしたんだ??」


ア「これから、君が主役だ。」


バ「はぁ?何をいって………」


ア「僕はね、たとえみんなに忘れられても小さいこの夢を壊しちゃいけない。」


バ「…………。」


ア「だから、あとは頼んだ!お願いは2つある。1つ目は僕を消してくれないか?」


バ「っ……………!!」


バイキンマンの目には涙がたまっていく。


ア「そしてもう1つ…………」





__君だけでも僕のことを、忘れないで。







一番苦しくなるときはみんなに忘れられたときだろう。そんなの、知ってる。


だからこそ、君には覚えておいてほしいんだ。





少女「ねーねー、ママ!!」


少女は元気になったママと初めてお買い物をした。その帰り………


ママ「どうしたの?」


少女「パパって……どんな人だったの?」


あまり覚えていないパパ。


なぜか温かいと思うパパ。


また会いたいと思うパパ。


ママ「パパかぁ…。

パパはね、正義感があって、

困ってる人をすぐ助けてくれてねぇ…

とっても優しかったのよ。

仲のいい親友さんもいて、

その親友さんをとっても信頼してたなぁ。」


そういってお母さんはクスクスと思いだすかのように笑った。









__少女の目から、自然と涙が溢れた。


           END

ホムペを作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (19 票)

このホムペをお気に入り追加 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
設定キーワード:アンパンマン , 病気 , シリアス
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

さきちん - 父ちゃ――――ん!!!! (2018年7月4日 14時) (レス) id: e99bfcca08 (このIDを非表示/違反報告)
アルトホルン - 涙腺必須!! (2017年11月11日 10時) (レス) id: 7515f0728f (このIDを非表示/違反報告)
さら(本名)笑 - 初めて泣きました。映画にしたら絶対売れますよ? (2017年9月30日 11時) (レス) id: 9d3820be16 (このIDを非表示/違反報告)
ザザ - http://uranai.nosv.org/u.php/hp/8u9i/ (2016年12月16日 14時) (レス) id: e9b01e486f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような占いを簡単に作れます → 作成

作者名:*全松ガール* | 作成日時:2016年12月7日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。