占いツクール
検索窓
今日:12 hit、昨日:5 hit、合計:12,847 hit

mdtr 要らない?汚い? ページ47

こういう系の話好きすぐる……
緑視点!




名もない場所をさまよって。
行き着く場所はどこでしょう?

そんなの誰にも分かりゃしない。
そんな所はないからさ。

あぁ、でも。一つだけあったかなぁ?
社会から見放された人が住んでるの。

えぇ、行きたいの?仕方ないな、特別だよ
僕についておいで。連れてってあげる

絶対、目を開けないでね。
あと、手も離さないで。

準備はいい?じゃあ……行くよ




人の温もりが感じなくなる。もう、目を開けていいだろうか?目を開くと、そこは俺の知ってる場所ではなくて、古びた神社があった。

ここ以外に行く宛てもないし取り敢えず、中に入らせてもらえないかなぁ


『あの………すいません、誰かいますか?』


返事はなく、物音もしない。誰も居ないのか?
恐る恐る、本堂へ足を踏み入れる。

誰も居ないことを祈って、障子を開ける。
そこには、美しい少女が眠っていた。

光に反射して輝く金色の髪。
透き通るような白い肌。
恐ろしく整えられた顔。
瞼に隠されている瞳も、美しいのだろう。


出来るだけ、音を立てずに少女へと近づく。
だが、なにかに躓いて「あっ」と声を出してしまう。

ころん、と寝返りを打ち薄くまぶたを開く。
あ、ヤバい…どうしよ、

眠たそうに目を擦る。その仕草に思わずドキッとしてしまう。いや、そんな事を考えてる暇はない。この状況をどうにかしないと。


『、えっと……勝手に入ってごめん……』
「………?」


俺が謝罪を述べると、キョトン、とした顔を向ける。言葉が通じてないのか?

いや、でも。見た目は人間なんだけどな……
うぅ、取り敢えず聞くのが正解かな?


『俺の言葉わかる?』
「…」


無言で首を縦に降る。言葉は通じるのか……
もしかして、喋れないとかか?


『もしかして、話せないの?』
「……!」


顔を明るくさせて頷く少女。そっか、喋れないのか……どうしよう。もともと、言葉が出ないのか、話し方を忘れたかだな。

う〜ん、俺的には後者なんだけど……そんな事
聞いたことないからなぁ


「あぇ…おれ、はな、、せる」
『え、男……?』




はい、文字数ちゃん。廊下に立ってなさーい。

あばぁ!(続き!)→←gttr 証明



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.0/10 (9 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
19人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

suranpu1091(プロフ) - 小説でも書いた通り絵のリクも受け付けます!どんどんリクして下さい!! (6月1日 17時) (レス) id: e01769d1cc (このIDを非表示/違反報告)
suranpu1091(プロフ) - オッケーです!遅くなるかもしれませんが、できる限り頑張ります! (5月29日 21時) (レス) id: e01769d1cc (このIDを非表示/違反報告)
ゆきうさぎ(プロフ) - suranpu1091さん» リクエストお願いします!限界と運営のほのぼので、全員で遊園地に出掛けるのお願いします!出来たらで良いんで…… (5月29日 19時) (レス) id: d8c6c0adec (このIDを非表示/違反報告)
suranpu1091(プロフ) - ゆきうさぎさん、日替わりのやつ借りてしまったんですけどいいですか?なんかそういうのがあったらすぐに消しますんでm(_ _)m (5月19日 21時) (レス) id: e01769d1cc (このIDを非表示/違反報告)
suranpu1091(プロフ) - 地雷は、基本的にはないですがちょっと、らだ受けが苦手かもです…それ以外なら何でも行けます!ら民とかでも書けるかも? (5月19日 20時) (レス) id: e01769d1cc (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:suranpu1901 | 作成日時:2019年5月17日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。