占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:4 hit、合計:12,835 hit

md×ar 電車の中は ※入るかも ページ26

ar視点

なんか、さっきから後ろの方に違和感あるんだけど…まさかね、俺男だし。隣に緑くんもいるしね。

モブ「君、気づいてるんでしょ?」

と、耳元で囁かれる。キモイやめろよ、俺男だし、言い返そうとするも怖くて声がうまく出ない。

『やめてください……俺、男ですよ』
モブ「可愛かったらどっちでもいいでしょ?」

はぁ?何言ってんの?どっちでもいいわけないじゃん。てか、どこ触ってんのほんとに
緑くんに助けを求めようと思ったが、彼の迷惑になるのは嫌だ。自分で何とかしようと思ったら、おじさんがズボンの中に手を入れてくる

『っ、どこ触ってるんですか…』
モブ「静かに、彼氏さんにバレちゃうよ」

俺がキッ、と睨むと緑くんの事を言い出してくる。しばらく俺が黙ってると後ろの中に変な感触がする

モブ「声、抑えてね」
『ッく…ふ、ぁ…んッ』

いやらしく触ってくるその手に、俺の体は反応してしまう。やだ、助けて緑くん、チラッと彼の方を向くと目が合った。そしてグイッと俺を抱き寄せる驚いてる俺を横目で見て俺を触ってた人の方を向く


md「おい、おっさん。その汚い手で俺の彼女に触れないでくれる?」
モブ「ひいっ!許してくれ!」

いつもの緑くんとは違う低い声。すらすらと出てくる罵倒。こんな緑くんを見たのは久しぶりだ、緑くんを見つめていると大丈夫だよ、と言うようにニコッと微笑む。

ドアが開きホームに着いたところで緑くんが俺にこう囁く

md「家に帰ったら、消毒しないとね」

俺の顔がカッと熱くなる。今日は眠れなさそうだなぁ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はい!すらんぷです!突然書きたくなった痴漢の話です。今、眠気MAXなのでここで終わります!!!!!


では次の小説で……

次の設定ぃー!!→←rd×gt 可愛いは正義☆



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.0/10 (9 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
19人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

suranpu1091(プロフ) - 小説でも書いた通り絵のリクも受け付けます!どんどんリクして下さい!! (6月1日 17時) (レス) id: e01769d1cc (このIDを非表示/違反報告)
suranpu1091(プロフ) - オッケーです!遅くなるかもしれませんが、できる限り頑張ります! (5月29日 21時) (レス) id: e01769d1cc (このIDを非表示/違反報告)
ゆきうさぎ(プロフ) - suranpu1091さん» リクエストお願いします!限界と運営のほのぼので、全員で遊園地に出掛けるのお願いします!出来たらで良いんで…… (5月29日 19時) (レス) id: d8c6c0adec (このIDを非表示/違反報告)
suranpu1091(プロフ) - ゆきうさぎさん、日替わりのやつ借りてしまったんですけどいいですか?なんかそういうのがあったらすぐに消しますんでm(_ _)m (5月19日 21時) (レス) id: e01769d1cc (このIDを非表示/違反報告)
suranpu1091(プロフ) - 地雷は、基本的にはないですがちょっと、らだ受けが苦手かもです…それ以外なら何でも行けます!ら民とかでも書けるかも? (5月19日 20時) (レス) id: e01769d1cc (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:suranpu1901 | 作成日時:2019年5月17日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。