占いツクール
検索窓
今日:50 hit、昨日:310 hit、合計:346,875 hit

[11] ページ12

そらるこの裏趣味なんですけど、コメントをくださった方の『プロフ』を開いて、作品一覧とか見るのが趣味()なんですけど、そらるこが読んでる作品とか中にあって、ビビってます(真顔)

そして、お気に入り2000人いきました!
ありがとうございます “〇| ̄|_
そらるこうれぴ丸です(は?)

こらからも引き続き宜しくお願いします!

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆



今は、そのへんのお店に入って、メニューを選んで待っている。





「そーいえば、今気づいたけど、月魅…それ、まふくんの服でしょ?」





スマホを見てたかと思いきや、急に顔を上げてそんなことを言う、なるせ。





「あ、そー言われれば…。え、何?ついに会ったわけ?本人と、」





落ちてきた髪を耳にかけながら俺の方を見る、あらきさん。






『あ〜…まあ、色々あって…偶然っちゃ偶然だけど、会いはしたよ。

そらるさんもいたから、お2人と。って言った方が正しいと思うけどね。』





「ふ〜ん…。で、襲った?」



『んぐっ!? ゲホッゲホッ』



「え、ガチ?」





いきなりなるせがそんなことを言ったせいで、水を飲んでいた俺は見事にむせた。




興味ありげにニヤニヤする、なるせと裏腹に、ガチトーン&真顔で聞いてくる、あらきさん。






『ちょっと、流石にそれはない。てか、どっちかって言うと、襲われた側なんだけど。』




「うわっ、なるせ純粋だから、そーゆーのよく分かんない。もっと詳しく。」




隣に座っていたなるせは、ぐいっと俺に距離を詰めてきた。





「俺も知りたい、何があったの、あの夜…あのホテルで…」





ニヤニヤしながら俺を見る、あらきさん。





『いや、夜とかホテルとか決めつけないでよ…。まあ、実際そうなんだけど…』





「「あらまぁ」」






そこから更に話は盛り上がって、何故か洗いざらい2人に聞かれた。





もう俺のHPゼロに等しいのですが…。






ご飯が食べ終わって会社に戻る頃には、いろんな意味でヘトヘトだった。




リフレッシュ、リラックスとは何ぞ()






☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


あらなると男主くんの絡みが自分的にとても書いてて楽しかったです。

by そらるこ

[12]→←[10]



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (805 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2316人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

尾弔(プロフ) - あえなめこさん» ぜひ来てください! (11月24日 12時) (レス) id: 6504b61ee3 (このIDを非表示/違反報告)
あえなめこ(プロフ) - 尾弔さん» わぁぁありがとうございます!!また話題があればお話しに来てもいいですか…? (11月24日 12時) (レス) id: 19f25aab35 (このIDを非表示/違反報告)
尾弔(プロフ) - あえなめこさん» お仲間同盟ですね!(?)構いませんよ◎ (11月23日 22時) (レス) id: 6504b61ee3 (このIDを非表示/違反報告)
尾弔(プロフ) - あまおうしゃん。さん» ありがとうございます。良い作品を作れるように頑張って更新します。 (11月23日 22時) (レス) id: 6504b61ee3 (このIDを非表示/違反報告)
あえなめこ(プロフ) - 尾弔さん» なるほど、それじゃあお仲間ですね。そうなんですね!図々しいかもですがお名前を呼んでもよろしいですか…? (11月23日 20時) (レス) id: 19f25aab35 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:尾弔 | 作成日時:2018年4月12日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。