占いツクール
検索窓
今日:50 hit、昨日:49 hit、合計:17,774 hit

X ページ6

MG「キムさんを笑顔にしたい」

体が熱い。
抵抗しようかと思ったけど緊張して体が動かない。
ミンギュくんの気持ちがすごく伝わってくる。

MG「俺、キムさんの笑った顔が1番好きなんだ」

ミンギュくんの気持ちが伝わってくるような気がする。

MG「キムさん」

若干甘い声でそう呟いたミンギュくんは、私の顔を至近距離で覗き込んで、

MG「好きだよ」

そう言って、そのまま顔を近づけ、、、

ーーーガチャッ。

WN「Aちゃんが体調不良だって聞、、」

その瞬間、扉の開く音とともに聞こえたのはウォヌ先輩の声で。

私は慌ててミンギュくんの体を押して、離れた。
い、今私ミンギュくんにキスされそうになったよね。

心臓がバックンバックン言ってる。
今の、先輩に見られた?
チラ、と先輩を見るといつものように笑っていて。

でも。

WN「ミンギュはもう練習戻って」

口調はとても冷たいものだった。

MG「、、、、、」

WN「戻れ」

黙っているミンギュくんに先輩はさらに冷たく言い放つ。

MG「わかりました」

ミンギュくんはしぶしぶといった感じで、部室から出ていった。

先輩とふたりきり。
ド○○キしちゃうよ。

でも、いつもの体が熱くなるド○○キだけじゃなくて、怖いような、不安のような、妙な緊張で体が強ばる。

相変わらずさわやかな笑みを絶やさない先輩。
けど、なんか黒いオーラ出てるし!

沈黙が続く中、先輩が少しずつ私に近づいている気がした。

いや、近づいてる!
先輩が近づいてくるにしたがって、私は後ずさりをする。

でも、後ろに下がるにももちろん限界が来てしまうわけで。

背中に固い感触がした。
ど、どうしよう、壁まで追いやられた?!

なんか、先輩無言だし。
こんな先輩、今までに見たことない。

怖いよ。
ど、どうしよう、目を合わせられないよ。

トン、と右手を私の顔の横の壁につく先輩。

WN「Aちゃん」

名前を呼ばれて、ドキリと心臓が大きな音を立てた。
チラ、とウォヌ先輩を見ると、すぐそこに真剣な表情をした先輩の顔があって。

X→←X



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (51 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
270人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

むにんじ(プロフ) - ドキドキが止まりません!!!!これからも更新楽しみにしています(*^^*) (4月29日 13時) (レス) id: 33a3af0393 (このIDを非表示/違反報告)
かな - めちゃくちゃ面白いしキュンキュンします!これからも更新楽しみにしてます!頑張ってください! (10月17日 23時) (レス) id: af1154b3c1 (このIDを非表示/違反報告)
Urumi(プロフ) - なぜ注意コメを無視するのでしょうか?黙って外せば良い物を外さなければ、そのうち作品消えますよ。それに失礼です。指摘を受けてるんですから、オリフラをいい加減外しましょう。 (10月17日 6時) (レス) id: 7f786f675d (このIDを非表示/違反報告)
かたつむりん(プロフ) - オリジナルフラグ外してくださいね! (10月14日 22時) (レス) id: f35d15b5f6 (このIDを非表示/違反報告)
寝夢@ノーアル団AHN(プロフ) - オリフラ外した方がいいですよ〜 (10月13日 3時) (レス) id: 671ce60c1e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:いちごちゃん | 作成日時:2017年10月8日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。