占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:4 hit、合計:18,916 hit

X ページ23

な、なに?!

今の?!

先輩は唇を離すと、今度はその唇をそのまま私の耳元に持っていく。

WN「止まらなくなりそっ」

そして、熱っぽく、いつもより余裕なさげにささやいた。

先輩の吐息がっ!

直接脳内に響く先輩の甘い声に、クラリ、とやられそうになる。

体が熱い。

もう、何が何だかわけわかんない。

、、、けど。

ウォヌ先輩の手がツー、、、と腰のラインをなぞっていくのに気がついて、我に返った。

「先輩っ、ダメ、、、です」

先輩のことは好きだけど、まだ早いですって!

心の準備だって、できてないし!

だから、これ以上は、本当に、、、

WN「Aちゃん、、、好きだよ」

先輩は甘くささやくと、そっと私を離してくれた。

ホッと安心する気持ちと、先輩が離れて寂しいと思う気持ちとが混ざりあって、、、

矛盾、してる、、、

すると、先輩がちょっと切なげな表情で呟いた。

WN「こうやって、物質でイチャイチャできるのもあと少しか、、、」

「え、、、」

WN「だって、もうすぐ引退だし。俺ら」

そっか。

ウォヌ先輩は3年生。

もうすぐ期末テストで、それが終わったら夏休み。

そしたら、3年生が最後に出場する夏の大会が始まる。

もうすぐ、引退。

あんまり、引退とか考えたことなかったけど、、、そっか、引退、、、か。

なんか、寂しいかも。

、、、ううん。

“かも”じゃなくて、寂しい。

WN「引退まで頑張らないといけないね」

「、、、はい」

WN「もしかしてAちゃん、“寂しい”とか思ってる?」

「え?!」

WN「ははっ、図星かぁ〜」

爽やかに笑う先輩に、頭を撫でられる。

なんだか、心地がいい。

WN「別に、引退しても会えるじゃん」

先輩の笑顔に、なんだか心がホワホワする。

「そう、ですよね、、、」

ウォヌ先輩は私の感情をコントロールする天才なのかもしれないな。

今だって、先輩の言葉や行動ひとつで、私の心はホワホワしていた。

ウォヌ先輩は、少しだけ笑みを漏らした私の手を握ると、

WN「じゃあ、帰ろっか」

と、その手を引く。

「はいっ!」

そして、私たちは手を繋いで部室を出た。

先輩、大好きっ!→←お知らせです



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (51 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
275人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

むにんじ(プロフ) - ドキドキが止まりません!!!!これからも更新楽しみにしています(*^^*) (4月29日 13時) (レス) id: 33a3af0393 (このIDを非表示/違反報告)
かな - めちゃくちゃ面白いしキュンキュンします!これからも更新楽しみにしてます!頑張ってください! (2017年10月17日 23時) (レス) id: af1154b3c1 (このIDを非表示/違反報告)
Urumi(プロフ) - なぜ注意コメを無視するのでしょうか?黙って外せば良い物を外さなければ、そのうち作品消えますよ。それに失礼です。指摘を受けてるんですから、オリフラをいい加減外しましょう。 (2017年10月17日 6時) (レス) id: 7f786f675d (このIDを非表示/違反報告)
かたつむりん(プロフ) - オリジナルフラグ外してくださいね! (2017年10月14日 22時) (レス) id: f35d15b5f6 (このIDを非表示/違反報告)
寝夢@ノーアル団AHN(プロフ) - オリフラ外した方がいいですよ〜 (2017年10月13日 3時) (レス) id: 671ce60c1e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:いちごちゃん | 作成日時:2017年10月8日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。