占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:2 hit、合計:18,891 hit

X ページ12

きっと今ウォヌ先輩は部活中で。

その横にはモモ先輩がいる。

、、、つらい。

ふと、そう思った。

なんでウォヌ先輩みたいな人気者に恋をしてしまったんだろう。

「うぅ、、、」

泣きながら体を小さくして座る。

暗い。怖い。助けて。

、、、先輩。

私は震える自分の体を抱きしめるように足を抱え込んだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

閉じ込められて何分が経ったんだろう。

体感的にはすごく長くここにいた、、気がする。

怖いけど、さっきよりは落ち着いてきたと自分で思う。

「ふぅ」

と、息をついた直後。

「ん???」

バタバタバタ、、、という足音が聞こえるのに気づいた。

もしかしたら、助けてくれるかも!

そう思ったけど、私が叫ぼうとするより早く、

ーーーカチャンッ!

と、鍵が開いて。

扉が開いたとたん。

WN「Aちゃんっ!!」

大好きな声が聞こえて、そのまま抱きしめられた。

「ウォヌ、、、先輩、、、」

ドバッとさらに涙が溢れる。

ウォヌ先輩だ。

ウォヌ先輩が私を助けに来てくれた。

「先輩っ、、、うっ、、、」

WN「大丈夫?」

スゥーッと耳から全身に染み込んでいくような爽やかな澄んだ声。

、、、なんだかすごく落ち着く。

コクリと頷く。

先輩は珍しく余裕がなさそうで。

本気で私を心配してくれたのがわかった。

「うっ、、、うっ、、、」

安心からか、涙が溢れて止まらない。

WN「Aちゃん、怖かったよね」

先輩は私の涙を指ですくう。

その瞳はなんだか悲しそうで。

私はなんて言えばいいのかわからない。

X→←X



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (51 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
275人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

むにんじ(プロフ) - ドキドキが止まりません!!!!これからも更新楽しみにしています(*^^*) (4月29日 13時) (レス) id: 33a3af0393 (このIDを非表示/違反報告)
かな - めちゃくちゃ面白いしキュンキュンします!これからも更新楽しみにしてます!頑張ってください! (2017年10月17日 23時) (レス) id: af1154b3c1 (このIDを非表示/違反報告)
Urumi(プロフ) - なぜ注意コメを無視するのでしょうか?黙って外せば良い物を外さなければ、そのうち作品消えますよ。それに失礼です。指摘を受けてるんですから、オリフラをいい加減外しましょう。 (2017年10月17日 6時) (レス) id: 7f786f675d (このIDを非表示/違反報告)
かたつむりん(プロフ) - オリジナルフラグ外してくださいね! (2017年10月14日 22時) (レス) id: f35d15b5f6 (このIDを非表示/違反報告)
寝夢@ノーアル団AHN(プロフ) - オリフラ外した方がいいですよ〜 (2017年10月13日 3時) (レス) id: 671ce60c1e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:いちごちゃん | 作成日時:2017年10月8日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。