検索窓
今日:6 hit、昨日:0 hit、合計:2,414 hit

日常19 ページ20

私は5年前 私が10歳の時ここに連れてこられた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は3歳の時実の親に捨てられた




実の親のことはほとんど覚えていないが

私は家から一番近くの孤児院に捨てられたらしい



















バシャ





「さっさと掃除しろよ」



「ここまだ汚いんだけど」






「ごめっなさい…」






「あ?
  声が小さくて聞こえないんだけど」




「ごめんなさい」











バシッ


「っ!?」



「ごめんなさいじゃなくてすみませんだろ」


「日本語ぐらいしっかり喋れよ」









「っ すみません 」









「チッ!
  さっさと片付けろよ」





さっきかけられた水のせいで手が悴んで

思うように動かない







まだ掃除してない部屋もあるのに
















私はこの家に 奴隷 として連れてこられた

孤児院から引き取る際では

よくある話だそうだが


私を引き取ってくれたこの家も

そうだったらしい













金持ちの家が孤児院などから身元のわからない子供を引き取り奴隷とする





金持ちたちの中での

ステータスのようなものらしい







よくわからないが

奴隷の人数や奴隷の優秀さ

なんかを社交界で自慢し合うらしい


ここで言う猴ソ┃瓩箸いΔ里



勉強ができるとかではなく





いかに従順か


主の命令を聞けるか




のようなものだ







だから私も






命令を



完璧にこなすことが求められている

続く お気に入り登録で更新チェックしよう!

最終更新日から一ヶ月以上経過しています
作品の状態報告にご協力下さい
更新停止している| 完結している



←日常18



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 5.0/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作成日時:2022年6月13日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。