検索窓
今日:4 hit、昨日:0 hit、合計:2,412 hit

日常17 ページ18

「ふふ、そう」







「なら




 両手の指全部やっても大丈夫よね」








「ったあああああああああああ」


想像以上の痛みに


意識を飛ばしかける






「何楽しようとしてんの」








そう言いながら頭から水をかけられ戻される









頭から垂れてきた水が指に触れてまた痛みが走る











その繰り返し



















もう何回やったのだろうか







何時になったのだろうか



















気づいた時には自分の部屋で目を覚ました
















どうやら無意識のうちに部屋に戻っていたらしい








「手当しなきゃ」









ベットから起き出し手当てをしようと指を動かすと

激痛が走った




これはまずいかもしれない







洗濯や料理ができない

















“無能“な奴は捨てられる



















どうにかしなければ

日常18→←日常16



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 5.0/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作成日時:2022年6月13日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。