占いツクール
検索窓
今日:57 hit、昨日:596 hit、合計:138,538 hit

33 ページ34

.



『………』


さっきから
ずっとパソコンを眺めている降谷を眺める俺。


……もう2時過ぎてるぞ?深夜の


そろそろ降谷の体が心配になってきたので
声をかける。


『…降谷』
降「月影」


『………』


降「………」


やべぇ、ハモった……(笑)


降「……なんだ」


『いや…寝ないのかと……』


すると、降谷は一瞬驚いた様な顔をした。
が、直ぐにいつもの様子に戻り


降「お前も寝ないのか……」


『……降谷は何処で寝るんだよ』


降「床で寝る」


そう言うと思った……


『降谷の家なんだし、申し訳ないだろ……
 俺が床で寝る』


降「怪我人を床で寝かせる程、
  俺は鬼じゃない……」


それぞれで譲らない。


降「なら、俺が床で寝るか、俺と二人で寝るか
  選べ!」


『……二人??』


降「……は?」


『え……?』


…………ん???



__________


結局、二人揃って頭がパニックになり
二人で寝ることになった。


降「……お前寝相は?」


『……悪い』


……と、思う。
寝てる時のことなんか分かるか!!


降「はぁ…じゃあ奥で寝ろ」


そう言われ、奥の壁側に寄る。


降谷も布団に入り、背中を向ける。


『………』


……気まずっ!!!
寝れねぇよ!!!!



『……なぁ、ふる_』


降「月影」


『……なに?』


俺の言葉を遮り、背中越しに呼ばれ返事をする。


降「お前は、俺やアイツらの事をどう思ってる
  んだ……」


唐突なその言葉に、直ぐに答えは出ない。


『俺は………』


どう思っているのかなんて……


『分からない…………』


降「……そうか」



『………でも



 大切だと思ってるのは、確かだ……』




降「……」


その言葉に返事は無かった。

34(降谷Side)→←32



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (152 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
595人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

猫月(プロフ) - 椿さん» 椿さん!ありがとうございます!(≧▽≦) 続編も面白いと言って頂けるように頑張ります! (6月17日 21時) (レス) id: 85f4679baf (このIDを非表示/違反報告)
椿(プロフ) - だんだんと面白くなってきました(≧∇≦)/ (6月17日 21時) (レス) id: 54938a211f (このIDを非表示/違反報告)
猫月(プロフ) - 椿さん» ありがとうございます!無理しない程度に頑張ります!(≧∇≦)b (5月23日 23時) (レス) id: 85f4679baf (このIDを非表示/違反報告)
椿(プロフ) - テストお疲れ様です(≧∇≦)/無理しないで下さいね (5月23日 21時) (レス) id: ab7495b6bc (このIDを非表示/違反報告)
猫月(プロフ) - そう言って頂けてとても嬉しいです!( ;∀;) テストも終わったので、毎日更新出来るよう頑張ります!(≧∇≦)b (5月23日 20時) (レス) id: 85f4679baf (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:猫月 | 作成日時:2019年5月7日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。