占いツクール
検索窓
今日:25 hit、昨日:809 hit、合計:141,038 hit

32 ページ33

.




「_げっ!!_かげ!!おいっ!月影!!!」



誰かに呼ばれ、目を開ける。


『ん……っ!?』


左腕の痛みに顔を歪める。


「月影っ!」


『?……降谷?』


顔を上げると降谷がいた。


なんで…そんな顔してんだよ……
そんな、泣きそうな顔……


降「っお前!!
  なんで俺に任務の事言わなかった!!?」


『っ……降谷は、忙しいから…迷惑になるだろ』


それに、俺のせいで降谷に怪我を追わせるわけにもいかない……


降「それで死んだらどうするんだ!?」


『…死んでないだろ……?』


そう言うと、
降谷は怒った様な悲しそうな……
何とも言えない顔をした。

俺の肩に頭を乗せる。


『……降谷?』


降「……お前が、俺の事をどう思ってるか知らな
  いが………
  少しは俺の事を頼ったらどうなんだ…!!」


その言葉に目を見開く。


降谷は、こんなにも俺の近くに
手を伸ばせば届く距離にいてくれてるのに……


降谷の頭に手を触れようとする。


『………』


が、俺はその手を下ろした。


触れたら、もう後戻りできない気がした……
また、最後には離れていくんじゃないかと………



『……ごめん、降谷』



そう言って、俺は再び痛みに意識を手放した。




__________



再び目を覚ますと、天井が目に入った。


………何処ここ???


辺りはまだ暗い。


横を見ると、パソコンの光に照らされてる
降谷がいた。


……降谷の家か



『……降谷』



声をかけると、ピクッと反応し此方を向いた。


降「……起きたか」


『あぁ、悪い…迷惑かけて……』


降「ほんとにな……」


パソコンに向き直りそう言った。

左腕を見ると包帯が巻かれていた。




『……ありがとな……』




すると、降谷はバッと振り向いた。


『っ!?!?』


え!?なに!?俺なんか変な事言った!?!?


『なに……?』


降「あ、いや…なんでもない」


またパソコンに向き直る。


『???』

33→←31(降谷Side)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (153 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
593人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

猫月(プロフ) - 椿さん» 椿さん!ありがとうございます!(≧▽≦) 続編も面白いと言って頂けるように頑張ります! (6月17日 21時) (レス) id: 85f4679baf (このIDを非表示/違反報告)
椿(プロフ) - だんだんと面白くなってきました(≧∇≦)/ (6月17日 21時) (レス) id: 54938a211f (このIDを非表示/違反報告)
猫月(プロフ) - 椿さん» ありがとうございます!無理しない程度に頑張ります!(≧∇≦)b (5月23日 23時) (レス) id: 85f4679baf (このIDを非表示/違反報告)
椿(プロフ) - テストお疲れ様です(≧∇≦)/無理しないで下さいね (5月23日 21時) (レス) id: ab7495b6bc (このIDを非表示/違反報告)
猫月(プロフ) - そう言って頂けてとても嬉しいです!( ;∀;) テストも終わったので、毎日更新出来るよう頑張ります!(≧∇≦)b (5月23日 20時) (レス) id: 85f4679baf (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:猫月 | 作成日時:2019年5月7日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。