占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:3 hit、合計:409 hit

歌への愛1 ページ9

その話に感嘆し、全員無言になってしまった。
そんな中、歌手がからんと音を立てて水のグラスを傾けた。ゆっくりと飲み下す。こくりと嚥下するその所作はどこか艶かしかった。
歌手がグラスをテーブルに置くと、かくりと首を傾げ、一同を見渡す。そこには艶然とした笑みが浮かんでいた。
「では、乾杯致しませんか?」
突拍子もない提案にその場の全員が狐につままれる。歌手はゆらりとグラスを持ち上げ、爛漫な笑みで告げた。
「あのピアノと、このバーに。おじいさまの意志が受け継がれ、今もここにピアノがあり、バーZionが栄えていることに」
なるほど、言われてみれば、それはめでたいことなのかもしれない。三世代に渡り、マスターたちはこのバーを守り続けてきたのだ。マスターの祖父は既に他界しているらしいが、きっと、こうしてZionというバーが今も続いていることをどこかで喜んでいることだろう。
「確かにそれはめでたいことだね」
真っ先に顎髭が賛同した。おそらくこいつは酒を飲む理由が欲しいだけだろう。
そんな顎髭に呆れつつも、眼鏡に異論はなかった。勿論、ピアニストにも。
マスターが、シャンパンのボトルを持ってきて、それぞれのグラスに注がれると、顎髭が音頭を取った。
「Zionに、乾杯」
ちん、と涼やかな音が重なった。

歌への愛2→←ピアノが置かれた理由8



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1人がお気に入り
設定キーワード:はなむけ , バー , 大人テイスト   
作品ジャンル:純文学, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:九JACK | 作成日時:2019年10月25日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。