占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:3 hit、合計:411 hit

ピアノが置かれた理由3 ページ3

「そういえばなんですが」
普段は無口なピアニストが口を開き、三人の視線がピアニストに注がれる。ピアニストはつい、と目をステージに置かれたグランドピアノに向けた。
「あのピアノって、いつからあるんですか? だいぶ年代物のようですが」
「へえ、やっぱりピアニストだとそんなことがわかるもんかね」
顎髭が感心した風に言うのに、眼鏡はぽつりと返す。
「俺たちが出会ってから何十年経ったと思っている? その前からあそこにあるんだぞ」
「何十年経ったっけ?」
「全くお前は……」
頭を抱えながら、眼鏡は年数を数えた。
「……大体30年だな」
「わお」
「長いお付き合いなんですのね」
歌手の相槌に、確かに長い、と眼鏡は思った。
30年……否、それよりずっと前からあのピアノはここにある。とても大切にされて。
「まあ、腐れ縁というやつだな。ところでどうして急にピアノがいつからあるかなんて気になったんだ?」
眼鏡が水を差し向けると、ピアニストは照れたように俯いた。

ピアノが置かれた理由4→←ピアノが置かれた理由2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1人がお気に入り
設定キーワード:はなむけ , バー , 大人テイスト   
作品ジャンル:純文学, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:九JACK | 作成日時:2019年10月25日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。